LINEの移行方法は?

 標準アプリ以外のアプリについては、アプリごとに移行の可否や移行できる内容に違いがある。以下に代表的なアプリの例を挙げる。

LINEの移行方法

 メッセージアプリ「LINE」の場合、iPhoneからAndroidスマホにはLINEの友だちやスタンプの購入履歴といったアカウント情報を移行できる。

 iPhoneのLINEで「設定」→「アカウント」→「メールアドレス登録」と進み、あらかじめメールアドレスとパスワードを登録する。その後、AndroidスマホのLINEを起動する前に「アカウント引き継ぎ設定」をオンに切り替える。

LINEの設定でメールアドレスとパスワードを登録する(左)/アカウント引き継ぎ設定のスイッチをオンにする(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 その後、AndroidスマホにインストールしたLINEを起動したらメールアドレスとパスワードを入力し、SMSで受信したパスコードを入力すれば、LINEアカウントの移行は完了だ。

登録したメールアドレスとパスワードでログインを行う(左)/移行が完了すると、友だちのリストがAndroidスマホに引き継がれる(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、友だちとのトーク履歴はテキストファイルの形でバックアップできるものの、写真やスタンプなどのデータを含めたトーク全体をバックアップすることはできず、Androidスマホに乗り換えると同時に本来のトーク履歴は失われてしまう。

トーク履歴は各トークの設定画面から送信できる(左)/送信にはメールなどを用いる。テキストデータなので、画像やスタンプは送信できない(右)
[画像のクリックで拡大表示]

Twitter、Facebook、InstagramなどのSNS

 アカウントの作成が必須となっているSNSアプリでは、Androidスマホにアプリをインストールし、ユーザー名またはメールアドレスおよびパスワードを入力するだけで、簡単に移行できる。

 ただし、各SNSに投稿した写真やビデオなど、iPhone本体に保存されているデータは移行されない。前述した写真・ビデオの移行方法を参考に、Googleアカウントを使って移行しよう。

Dropbox、OneDriveなどのクラウドストレージ

 DropboxやOneDriveといったオンラインストレージは、Androidスマホにインストールしたアプリからログインするだけでデータを移行できる。同期していたファイルがすべてクラウド上にも保存されているので、乗り換え直後から使用できる。

オフラインで利用するアプリやゲーム

 アカウントの作成が不要なアプリでは、機種変更に伴うデータの移行を考慮していない場合、iPhoneからAndroidスマホにはデータを引き継ぐことができない。

 例えば、「スマートニュース」などのニュースアプリでは、ニュースのカテゴリーを並べ替えたり、ニュースの提供元を追加したりして、自分好みにカスタマイズできる。こうしたカスタマイズ内容は引き継ぐことができないため、Androidスマホに乗り換えたら新たに設定し直す必要がある。

 また、日々の体重や体脂肪率を記録してダイエットに役立てる体重記録アプリのように、蓄積したデータに価値があるアプリであっても、データの移行に対応していないものがある。手動で入力し直すことは可能でも、数百日分のデータをすべて手動で移し替えるのは現実的ではない。

映画や電子書籍は引き継げない

 以上のように、iPhoneからAndroidスマホにデータを移行する場合、標準アプリであればGoogleドライブのバックアップ機能を使ったり、メモやメールのように手動操作によってデータを移行したりできる。

 一方、App Storeから追加インストールしたアプリについては、各アプリの対応状況に左右される。同じアプリがiPhoneとAndroidの双方で提供されていたとしても、データを引き継げないケースもある。新しくアプリを使い始めるにあたっては、将来スマホを買い換えるときにデータを移行できるのか、どのような方法で移行するのかなど、機種変更時の移行方法にも注目して選択するのがいいだろう。

 また、iTunesやiBooksで購入した映画や電子書籍は、2017年6月時点ではAndroidに引き継ぐ方法が存在しない。将来、iPhoneからAndroidなど別の端末に乗り換える可能性があるのなら、iPhoneでもAndroidでも利用できる、Google Playストアの映画や電子書籍、Amazonの「Amazonビデオ」「Kindle」といった、いろいろな種類の端末で楽しめるコンテンツサービスをあらかじめ選んでおくといい。

(文/松村武宏)