音楽の移行方法は?

 アップルがiTunes Storeで販売している楽曲や映画は、iOS、パソコン(WindowsおよびMac)、Apple TVで再生できる。また、月額制の音楽配信サービス「Apple Music」(個人の場合は月額980円)についてはAndroid用のアプリが提供されており、Androidスマホに乗り換えてからも引き続き楽しめる。

 Apple Musicには「iCloudミュージックライブラリ」という付属機能があり、iOSやPCで作成したプレイリストを同期したり、過去にiTunesで購入したりCDから取り込んだりした楽曲を追加したりして、Apple Musicに対応する複数の端末で楽しむことができる。

Apple MusicはAndroid用アプリも提供されていて、iPhoneと同様のインターフェースで利用できる
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし、Apple Musicのメンバーシップを解約してしまうと、配信されている楽曲が聴けなくなるだけでなく、iCloudミュージックライブラリに追加した楽曲も、Androidスマホでは再生できなくなってしまう。そのため、パソコン上の楽曲をAndroidスマホで楽しむには、別の手段を使って楽曲を転送する必要がある。

 Androidスマホに楽曲を移行するなら、Googleの「Google Play Music」がおすすめだ。Google Play MusicもApple Musicと同様の音楽配信サービスで、月額980円(個人の場合)で配信曲が聴き放題になる。

 このGoogle Play Musicには、PC上の楽曲を最大5万曲までアップロードできる機能が備わっており、有料会員にならなくても利用することが可能だ。過去にiTunes Storeで販売されていたDRM(デジタル著作権管理)付きの楽曲はアップロードできないが、iTunesでDRMが廃止されてから購入した楽曲や、CDから取り込んだ楽曲については、Google Play Musicの専用アプリをインストールしたAndroidスマホから再生できる。

 ここでは、Windows 10をインストールしたパソコンを用いて、Googleのブラウザー「Chrome」と「Google Play Music」を使った楽曲の移行方法を紹介する。

 まずはパソコンにインストールしたChromeでGoogle Play Musicにアクセスし、「音楽」→「マイミュージック」の順に進む。

Google Play Musicを開いたら「マイミュージック」をクリックまたはタップする
[画像のクリックで拡大表示]

 「曲を追加」をクリックまたはタップすると、パソコン上の楽曲をGoogle Play MusicにアップロードするためのChrome拡張機能「Chrome版Google Play Music」のインストール画面が表示される。

2番目の文章の末尾にある「曲を追加」をクリックまたはタップ
[画像のクリックで拡大表示]
拡張機能のインストール画面に移動するので「インストール」をクリックまたはタップ
[画像のクリックで拡大表示]
拡張機能の権限を確認したら「アプリを追加」をクリックまたはタップする
[画像のクリックで拡大表示]

 拡張機能のインストールが完了したら、楽曲が保存されているフォルダを指定する。iTunesで保存先フォルダーを変更していなければ「Music、Videosから音楽を追加」を選択して「音楽を追加」をクリックまたはタップする。保存先フォルダーを変更していた場合は「フォルダを選択」を選び、保存先を指定する。

 以上で楽曲のアップロード設定は完了だ。しばらく待つと、パソコンからGoogle Play Musicに楽曲がアップロードされる。

iTunesの保存先フォルダーを選んだら「音楽を追加」をクリックまたはタップする
[画像のクリックで拡大表示]

 Androidスマホで楽曲を再生するには、「Play Music」アプリを利用する。端末によっては最初からインストールされていることもあれば、Playストアから追加インストールが必要な場合もある。

 Play Musicを起動すると、Chrome経由でアップロードした楽曲をAndroidスマホで再生できる。Playミュージックでは常に通信が発生するストリーミング再生を採用しているが、あらかじめ端末上に楽曲をダウンロードして、通信が生じないオフラインで再生することも可能だ。

Play Musicを使って、PCからアップロードした楽曲をAndroidスマホで再生できる
[画像のクリックで拡大表示]