メールとメモはどう移せる?

 メールやメモについては、手動での移行操作が必要だ。

 アップルのメールサービス「iCloudメール」は、iPhoneをはじめとしたiOS端末だけでなく、AndroidスマホやPCのメールアプリでも、メールアカウントを設定すれば送受信ができる。AndroidスマホでもiCloudメールを使い続けるなら移行作業は不要だが、乗り換え後は使わないのであれば、必要なメールをGmailに移行しておきたい。

 メールの移行はiPhone標準の「メール」アプリのみで実行できる。まずはiPhoneの設定アプリから「メール」→「アカウント」→「アカウントを追加」の順にタップし、Googleアカウントでログインして、メールを同期するように設定する。

追加するアカウントのリストから「Google」を選ぶ(左)/「メール」のスイッチがオンになっているのを確かめてから「保存」をタップする(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 続いてメールを起動し、iCloudメールからGmailに移行したいメールを開いてフォルダーアイコンをタップする。メールの移動メニューが開くが、ここで「アカウント」をタップすると移動先のアカウントを選べるので、Gmailのアカウントを選ぶ。

メールの移動先選択画面が開いたら、左上の「アカウント」をタップし(左)、Gmailを選択する(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 Gmailのフォルダー一覧にある受信フォルダーをタップすると、iCloudメールからGmailにメールが移動される。なお、メールの一覧画面から複数のメールを選択し、まとめてGmailの受信ボックスに移動することも可能だ。

「受信」をタップすると、メールがiCloudからGmailの受信ボックスに移動する(左)/Androidスマホでメールを開いたところ。iPhoneで受信したメールをGmail上で参照できる(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone標準の「メモ」アプリに記録したデータを移行するには、Googleのメモアプリ「Keep」を使うのがいい。

 iPhoneにKeepをインストールしたら、Googleアカウントでログインする。続いてiPhoneのメモを起動し、移行したいメモの「↑」をタップして共有メニューを呼び出す。共有先に「Google Keep」を選ぶことで、メモの内容を個別にKeepへ転送できる。

メモの共有メニューから「Google Keep」を選択し(左)、投稿をタップするとメモの内容を転送できる(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、iPhoneのメモで設定していた文字の修飾やチェックリストなどは反映されず、Keepには単純にテキストデータとしてコピーされる。また、手書きメモは1枚の画像としてKeepに貼り付けられる。

Androidスマホでメモを開いたところ。チェックリストも単純なテキストとして保存されるため、チェックマークの付け外しはできない(左)/iPhoneで作成した手書きメモは、Keepでは画像として保存される(右)
[画像のクリックで拡大表示]