連絡先データは「Googleドライブ」で移行

 まずは「連絡先」「カレンダーの予定」「写真・ビデオ」の移行方法をチェックしよう。これらは、Googleのオンラインストレージ「Googleドライブ」のアプリを使って移行できる。手順の流れは以下の通りだ。

1. iPhoneにGoogleドライブのアプリをインストールし、Googleアカウントでログインする
2. Googleドライブのバックアップ機能を使い、データをGoogleアカウントに保存する
3. Androidスマホでデータのバックアップに使ったGoogleアカウントにログインする
4. バックアップしたデータが同期され、移行が完了する

 Googleドライブでは、無料で15GBまでデータを保存できる(ストレージ容量はGmailおよびGoogleフォトと共用)。iOS向けにも専用アプリが用意されており、GoogleアカウントでログインするだけでiPhoneからGoogleドライブが利用できる。

 先に述べたように、Googleドライブを使ってAndroidに移行できるデータは、連絡先、カレンダーの予定、写真・ビデオの3種類だ。アプリのサイドメニューから「設定」→「バックアップ」と進む。

サイドメニューの「設定」をタップし(左)、「バックアップ」をタップする(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 「バックアップを開始」をタップすると、データのバックアップが始まる。なお、バックアップを始める前に各項目をタップして、バックアップの可否や写真の解像度などを選択できる。例えば連絡先と写真・ビデオはバックアップするが、カレンダーの予定はバックアップしない、といった取捨選択も可能だ。

「バックアップを開始」をタップすると、すぐにバックアップが始まる(左)/左の画面で「写真と動画」をタップしたところ。バックアップの可否や、データのサイズを選択できる(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 バックアップが完了したら、Androidスマホで同じGoogleアカウントにログインする。バックアップしたデータはGoogleアカウントに保存されているので、ログインするだけで自動的にAndroidスマホと同期が進み、データの移行が完了する。

Androidスマホで連絡先を開いたところ。Googleアカウントにログインするだけでデータが同期される(左)/連絡先の場合、バックアップしたデータには「iPhone」のラベルが付く(右)
[画像のクリックで拡大表示]