2017年にアップルが買収したことで話題になった「Workflow」というアプリをご存じだろうか。一体どんなことができるのか? 気になる使い方を紹介しよう。

アップルが買収したアプリ「Workflow」
[画像のクリックで拡大表示]

仕事が便利に、iOSにも将来取り込まれるかも

 Workflowを簡単に紹介すると、iPhoneで行なっている一連の操作の組み合わせを登録し自動で実行するためのアプリだ。

 例えば「カメラロールの写真をリサイズし、特定のメッセージをつけてFacebookやInstagramに投稿」といった流れを「ワークフロー」として登録し、いつでも呼び出せるようになる。アプリの垣根を超えて機能を呼び出し、連携できる点が画期的だ。

 筆者はキーボードをつけたiPadを持ち歩いて仕事することが多く、PDFの表示や注釈機能、各種クラウドへのアクセス機能を併せ持つ「GoodReader」というアプリを愛用しているのだが、「Dropbox上にある圧縮ファイルを取得して、解凍したのち全ファイルをGoodReaderに登録」というワークフローを利用するようになって手間を省けるようになった。繰り返し行う複雑な操作を登録しておけば、仕事の効率アップ間違い無しだ。

 Workflowは2015年にApple Design Awardを受賞しており、以前からアップルも注目する存在だった。受賞時にアップルは「アクセシビリティー機能の実装が優れており、視覚に障がいのあるユーザーもアプリを素早く利用できる点を評価した」とコメントしている。

 そして、17年にアプリが買収されたことで、将来のiOSに機能が取り込まれること筆者は期待している。例えば登録したワークフローをSiriから呼び出したり、Siriへの指示そのものがワークフローとして実行されたりすると、Siriでかなり高度なことができるようになるのではないだろうか。

 現在でもWorkflowはApp Storeで公開されている。しかもアップルが買収したことにより価格が有料から無料に変更され、手軽に試せるようになった。

Dropboxから圧縮ファイルを取得して、解凍したのち「GoodReader」アプリに保存するワークフロー
[画像のクリックで拡大表示]

最初は取っつきにくいかも

 Workflowはどんな操作でも組み合わせられるわけではなく、標準アプリやサードパーティー製アプリの機能がWorkflowから呼び出せる場合に限られる。

 Workflowで何ができるのかは若干分かりにくいが、原因は2つある。1つは表示が日本語化されていない点。もう1つは十分使いこなすために多少のプログラミング知識を必要とする点だ。

 日本語化されていない点は頑張って理解するしかないが、一方、プログラミングの知識が必特別な知識がなくても、実はアプリを使うことができる。

 Workflowで一連の操作を記述したものを「ワークフロー」と呼ぶ。アプリ内の「Gallery」やウェブサイト「workflow.is」に公開されているので、自分の役に立ちそうなワークフローをアプリに登録して使えばよいのだ。

 まずは、誰でも簡単に使えるワークフローを使うところから始めてみよう。

「Workflow」アプリの「Gallery」画面で公開されているワークフローをダウンロードしてアプリに登録すれば、自分でワークフローを作らなくてもよい
[画像のクリックで拡大表示]