100均商品の問題点は……

 iPhoneで安全に使えるケーブルは、アップルの基準で「MFi」(Made For iPhone/iPad/iPod)という認証が与えられる。今回、紹介した100均ショップのケーブルは、どれもMFi認証がなかった。

 MFi認証されていないケーブルを使ってiPhone本体が故障した場合は自然故障とは認められず、保証期間内でも有償修理になる可能性があるため注意が必要だ。

 またMFi認証されたLightningケーブルには専用チップが搭載されており、ベンダーごとに識別番号が登録されているためOSのバージョンが上がっても使える。一方、100均ショップの充電ケーブルに「iOS 10.0.1で動作確認済み」などの条件が記されているのは、iPhoneのソフトウエアのバージョンアップによって使えなくなってしまう可能性があるからだ。

 これらの点に留意し、自己責任で使うなら、手に入りやすい100均ショップの充電ケーブルはメリットがあるだろう。

 急速充電に対応していない点にも注意しておく必要がある。iPhoneに付属する標準の充電器を使っているぶんにはあまり問題はないが、モバイルバッテリーも併せて使っているなら、100均ショップの充電ケーブルはおすすめしない。

 現在主流のモバイルバッテリーは2A以上で給電する製品がほとんどで、100均ショップのケーブルは使用不可。もし使ったとしても1A以下の給電となり、iPhoneを急速充電できない。

 モバイルバッテリーを充電するための専用充電器も2A以上がほとんどなので、100均ショップの充電ケーブルでは充電器を使い回せない。この場合、アップル純正のLightningケーブルか、MFi認証されたサードパーティー製ケーブルの使用をおすすめする。

iPhoneに付属する充電器は1Aでの給電なので、100円ショップの充電ケーブルでも使用範囲内。この充電器で使うようにしたい
[画像のクリックで拡大表示]

(文/伊藤 朝輝)