α9の高い性能をもたらしているのが、積層型のフルサイズ裏面照射型CMOSセンサー。速写性能を重視するために、画素数は2420万画素に抑えた

記事へ戻る(ページを閉じる)

ソニーが発表したフルサイズのミラーレス一眼「α9」、高速連写している際もまったくの無音で撮れることや、連写中もファインダーの表示が消えないことなど、カメラを知る人にとっては常識外れの仕上がりになっていました。