全天球写真をVRヘッドマウントディスプレイで見ると、臨場感は圧倒的

 「VR元年」と呼ばれる2016年、各社のVRヘッドマウントディスプレイが続々と登場する。おもに3Dゲームの利用を見込んでいるが、実はTHETAとの相性がきわめて良い。THETAで撮影した全天球写真や動画をVRヘッドマウントディスプレイで見ると、あたかも自分がその現場にいるような感覚が味わえるのだ。首を上に向ければ空や天井が見え、首をぐるんと回せば視界もそれに合わせて動く。スマホの画面やパソコンのディスプレイでは不可能な圧倒的な臨場感が味わえるのだ。

 VRヘッドマウントディスプレイは、次世代ゲーム機「PlayStation 4」で使える「PlayStation VR」(PSVR)や、高性能パソコンと組み合わせて使う「Oculus Rift」などがある。いずれも春から秋にかけて発売されるのでまだ基本的に入手できず、価格も4万5000円前後からと高い。

 今すぐ手軽に楽しみたいならば、すでに販売が始まっているサムスン電子の「Gear VR」(実売価格は1万4000円前後)を利用するのがよい。Androidスマホ「Galaxy S6/S6 Edge」を装着して「VRビューで見る」を選ぶことで、迫力の映像が楽しめる。1000~2000円前後で手に入る「ハコスコ」などの簡易VRゴーグルならば、クオリティーや装着感はGear VRよりも劣るものの、より多くのスマホで楽しめる。

THETAで撮影した全天球写真や全天球動画は、VRヘッドマウントディスプレイで楽しむと圧倒的な臨場感が味わえる。写真は、1万4000円前後で購入できるサムスン電子の「Gear VR」だ
[画像のクリックで拡大表示]
Androidスマホ「Galaxy S6/S6 Edge」を表示部として利用することで、低価格化を図っている。Galaxy S6/S6 Edgeのユーザーしか利用できないのが欠点だ
[画像のクリックで拡大表示]
THETAのアプリを起動し、メニューから「VRビューで見る」を選ぶとVR用の表示に切り替わる
[画像のクリックで拡大表示]
左目用と右目用の表示が独立したVRビュー。頭の動きに応じて表示も動くので、VRヘッドマウントディスプレイを通して見ると自分がその場にいるような感覚が味わえる
[画像のクリックで拡大表示]

どんな高画質デジカメもかなわないオンリーワンの楽しさを持つ

 THETA Sは画質や機能など、さまざまな部分がm15から進化したことが確認できた。唯一不満なのが、8GBの内蔵メモリーしかないこと。本体をスリムに仕上げたのは評価できるが、2000円も出せば32GBのmicroSDカードが買えるご時世だけに、せめてmicroSDくらいは使えるようにしてほしかったところだ。

 高画質で撮れるデジカメはいくらでも存在するが、全天球写真や動画が撮れるカメラはいまのところTHETAしか存在しない。興味のない人でも、一度使うとその面白さが体感できるはずだ。特殊なカメラなので決して万能ではないが、パーティーや旅行で使えば思い出にプラスアルファの楽しさが加わるのは間違いない。完全防水ケースが登場すれば、ダイビングやシュノーケリングも格別の楽しさになるはずだ。

 THETA Sの実売価格は3万8000円前後と決して安くはないが、手持ちのデジタル一眼などと組み合わせて使うことで写真ライフが豊かになる1台として注目できる。

(文/平 雅彦)

関連リンク