THETA自体の写り込みを減らすには、自撮り棒や一脚/三脚が必須

小型三脚を用いて撮影すると、THETA自体の写り込みを少なくできる
[画像のクリックで拡大表示]

 THETAで撮影を重ねていくうちに気になるのが、撮影者である自分が必ず写真に入ってしまうこと。THETAを持つ手や頭が写り込んでしまうのだ。

 そこで留意したいのが、カメラをできるだけ自分から離すこと。レンズが超広角なので、自分からちょっとでも離せば写る大きさはグンと小さくなる。もっと効果的なのが、一脚や三脚を装着したり、三脚穴に対応した自撮り棒を利用することだ。ただ、雲台が大きいと目立ってしまうので、できるだけコンパクトなものを選びたい。


Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

 静止画では一脚や三脚の装着が効果的だが、先端に装着したTHETAの揺れが増すので、動画は映像が大きく乱れてしまう。動画の場合は、自分の写り込みをある程度ガマンしつつ、手で持ちながら撮影するのがよさそうだ。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

 バッテリーは、さすがに1日丸々使っていると途中で切れるケースもあった。だが、マイクロUSB端子経由で充電できるので、モバイルバッテリーがあると安心だろう。ただし、一部のモバイルバッテリーは充電できないケースもあるようなので、外に持ち出す前に手持ちのモバイルバッテリーで試しておくとよいだろう。