全天球写真や動画が手軽に撮影できるリコーの個性派デジカメ「THETA」(シータ)の売れ行きが好調だ。THETAは、2013年11月に初代モデルが登場し、2014年11月には動画撮影に対応した「THETA m15」(以下、m15)を追加。だが、m15が登場しても「知る人ぞ知る存在のマニア向けカメラ」という印象があった。

 転機になったのが、2015年10月下旬に「THETA S」(以下、S)を発売したこと。画質や撮影性能の向上が評価されてSNSなどで話題となり、より多くの人に知れ渡る存在となった。あまりの人気で発売直後から品切れが続いていたが、ようやく在庫が潤沢になってきた。「Oculus Rift」や「PlayStation VR」(PSVR)など、今年相次いで登場するVRヘッドマウントディスプレイを使えば全天球写真や動画が大迫力で楽しめることも、THETAシリーズの注目度を高める要因になっている。

リコーの「THETA S」(左)。実売価格は3万8000円前後で、ようやく在庫が潤沢になって待たずに買えるようになってきた。右の従来モデル「THETA m15」も併売しているが、実売価格は2万7000円前後と割安感はない
[画像のクリックで拡大表示]

 旅行やレジャーを予定しているゴールデンウイークを前に、THETAの購入を検討している人も多いだろう。そこで、THETAの魅力を改めてチェックしてみたい。

撮像素子とレンズが新しくなり、室内や夜景など暗所での画質が向上

 まず、Sとm15の違いをチェックしていきたい。Sは、従来よりも大きな1/2.3型の有効1200万画素CMOSセンサーと開放F2.0の明るいレンズを採用したことで、画質が高まった。前後2つのセンサーで捉えた画像は5376×2688ドットにもなり、全天球写真は約1400万画素に向上。とりわけ、センサーの大型化で高感度撮影時の画質が向上し、従来モデルでは画質が粗くなってしまった室内や夜景の撮影が実用的にできるのは大きい。動画はフルHD相当の1920×1080ドットで記録できる。記録媒体はSもm15も内蔵メモリーのみとなるが、Sは容量が8GBと倍増した。

 スティック状の本体に突出したレンズを前後に備える独自のスタイルは従来通りで、シャッター/録画開始・終了の丸いボタンを備えているのも変わりない。本体サイズや重量はSでややアップしたが、手に吸い付くようなシリコン塗装を採用していることもあってか、それほど重いとは感じられなかった。ボディーカラーは、m15ではカラフルな4色から選べたが、Sではブラック一択となった。

スティック状のスリムボディーに大きく張り出したレンズを搭載する独自の形状は従来通り。ボタンのないほうが前面だ
[画像のクリックで拡大表示]
シャッターボタンの上にあるのが電源LEDで、その下には無線LANと撮影モードのLEDがある
[画像のクリックで拡大表示]
左から電源ボタン/ランプ、無線ボタン、静止画/動画切り替えボタンを搭載する
[画像のクリックで拡大表示]
反対側の側面には、技適やFCCなど各種規格のマーキングが入る
[画像のクリックで拡大表示]
上面にはステレオマイクを備える
[画像のクリックで拡大表示]
底面。マイクロUSB端子に加え、マイクロHDMI端子が追加された
[画像のクリックで拡大表示]
付属のソフトケースに入れたところ。ファスナーが付いていて閉じられたm15の付属ケースとは異なり、シンプルな構造となった
[画像のクリックで拡大表示]

 操作も改良が加えられている。m15で動画モードと静止画モードを切り替えるには、本体の撮影ボタンを押しながら電源を再投入する動作が必要だったが、Sでは動画モードと静止画モードを切り替える専用ボタンが側面に追加され、電源を入れ直すことなくモードが切り替えられるようになった。また、底面にマイクロHDMI端子が追加されたので、撮影した写真や動画を薄型テレビの大画面で楽しめる。

Sでは撮影モードの切り替えボタンが追加され、電源の再投入なしで静止画モードと動画モードを切り替えられるようになった
[画像のクリックで拡大表示]