ファーウェイが2016年4月6日に発表した新しいスマートフォン「Huawei P9」は、カメラメーカーとして有名なライカとの共同開発モデル。スマートフォンとしての性能の高さもさることながら、2つのカメラを備えたデュアルカメラ機構で、表現力の高い写真を手軽に撮影ができるのが大きな特徴だ。デュアルカメラは次世代iPhoneのも搭載されるのではといわれており、今後のスマートフォンのカメラの主流になり得る。国内での発売にも期待がかかるP9を実際に試すことができたので、その内容を紹介しよう。

ベゼル幅が狭く高級感のあるボディーデザイン

 「Huawei P9」は、ファーウェイが世界各国で4月16日に発売する最新のAndroidスマートフォンだ。同社のPシリーズは元々カメラに注力しているが、P9では新たに、ドイツのカメラメーカーであるライカと共同でカメラを開発。2つのカメラを用いるデュアルカメラ機構で、簡単な操作で表現力の高い写真を撮影できる。

 残念ながら、P9の日本での発売は現在のところ決まっていない。だが、発表会が実施された英国ロンドンで、一足先にP9を試すことができた。なお、ここで紹介するP9はあくまで海外版であり、日本で発売される場合は仕様が異なる場合があることを、あらかじめご了承いただきたい。

 P9は5.2インチのディスプレーを採用しており、現行のスマートフォンとしてはスタンダードなサイズだ。だが左右のベゼル幅が1.7mmと非常に狭いので、手にするとディスプレーサイズの割にコンパクトな印象を受ける。本体はアルミ素材で、手触りも良く、ハイエンドモデルにふさわしい高級感がある。

P9の正面。5.2インチディススプレイを搭載するが、ベゼル幅が非常に狭く、側面に丸みを帯びていることから、コンパクトで持ちやすい
[画像のクリックで拡大表示]
背面。ボディーにはアルミ素材を採用し、高級感のある仕上がりとなっている
[画像のクリックで拡大表示]

 サイズは幅70.9×高さ145×厚さ6.95mm。角やエッジが丸みを帯びているために、薄いながらも持ったときに手になじむ印象だ。またこれだけコンパクトなボディーながら、3000mAhの大容量バッテリーを搭載していることから、スタミナ面での安心感も高いだろう。

 なお、充電などに使用するUSB端子にはType-Cが採用されている。Type-Cの採用によって、従来より高速に充電できるのは大きなメリットだ。一方で、現状はType-Cを採用したスマートフォンがまだ少ないことから、充電用のケーブルが手に入りにくいといったデメリットもあることには注意が必要だろう。

Type-CのUSBを採用。急速充電ができるのはメリットだが、まだケーブルの入手がしづらい点が難点だ
[画像のクリックで拡大表示]