Netflixはアニメ専門チームを結成

──2018年1月31日に、Netflixとプロダクション・アイジー、ボンズはアニメ作品の包括的業務提携契約を結びました。Netflixの利点はアニメラインアップの強化、制作会社の利点は海外のファンに作品を届けられることということですが、それはこれまでも変わらないはずです。わざわざ業務提携を結ぶ狙いは何ですか。

石川社長: 今回の包括的業務提携は、プロ野球でいう複数年契約だと考えてもらえればいいと思います。僕たちは常にヒットを狙っていますが、それはなかなか難しい。個々の作品でヒットを出すのが条件の関係では、なかなか思い切ってバットを振れません。複数年契約にすることで、思い切りバットを振れる、たまには三振することもあるかもしれないけど、その結果でスタッフは育って、次につながります。

「良いクリエーティブ集団とは一緒に取り組んでいきたい」と沖浦氏
[画像のクリックで拡大表示]

沖浦氏: Netflixとしても、複数年、複数作品を制作する契約を結ぶことに意味があると思っています。石川社長同様、僕らも全作品当てるつもりですが、何が当たるかはやはりやってみないと分からない。大事なのは、何回も打席に立つこと。一番いいところだけ一緒にやりましょうではなく、一緒に何回も打席に立ちましょうということです。

 良いクリエーティブ集団というのは、世界を見てもたくさんあるわけではありません。優れたクリエーティブ集団と組むことで、Netflixは最高の作品を継続的にメンバーに提供できる。制作会社も人材育成や投資などの計画を立てやすくなるのではと思います。

──Netflixがそこまでアニメに注力する理由は何なのでしょうか。

沖浦氏: 2016年1月から世界190カ国でサービスを始めて、やっと2年ちょっとたちました。いろいろな国でいろいろな番組を配信しているうちに、日本のエンターテインメントではやはりアニメが継続して多く見られていることを実感しています。

 今、Netflixでは、アニメ担当のスタッフを増やしています。2017年秋にグローバルアニメチームができて、今、東京に6~7人、ロサンゼルスに2人、シンガポールに1人います。2017年8月に「Netflix アニメスレート2017」というイベントを開催し、アニメに力を入れると宣言した、その一環です。

 私はアニメ担当ディレクターですが、私の隣にいるチーフアニメプロデューサーは、神山健治監督の『ひるね姫』のプロデューサーも務めた元プロダクション・アイジーの櫻井大樹氏(『ひるね姫』は圭記名義)。ほかにも、アニメ関連各社から人材が集まっています。アニメにきちんと腰を据える継続的に取り組もうというパッションが高まっています。

「これでまた新しいアイジーの伝説が生まれる」

──2017年8月に米・ソニーピクチャーズエンタテインメントが日本のアニメ作品の制作・配信などを手掛ける米ファニメーション・プロダクションズを1億4300万ドルで買収。米ウォルト・ディズニーが2019年をめどに独自の動画配信サービスを開始すると発表しています。アニメと動画配信を取り巻くビジネスの動きは活発です。今後をどう展望していらっしゃいますか。

「30年ずっとやってきたのは、才能あるクリエーターに活躍の場を作ること」という石川社長
[画像のクリックで拡大表示]

石川社長: 市場については沖浦さんが専門ですが、それでアイジーがどう変わるかという話をするなら、『B: The Beginning』を全話見たときに、「これでまた新しいアイジーの伝説が生まれた」と思ったんですよ。これはすごく大事なことだと思う。世の中に何が受けるかはやってみないと分からないけれど、プロデューサーや経営者としては、作ったものをまず自分が好きだとか思えないと難しい。『B: The Beginning』については、今、これを作ってほしいというものをまさしく作ってくれた。そして、反響も得られました。逆に言えば、市場でこれが受けないとすると、自分の感覚やアイジーとして進む道を変えないといけないという岐路に立っていたと思うんです。

 僕がプロデューサーとして、経営者として、30年間ずっとやってきたのは、才能のあるクリエーターが暴れられる環境を作るということです。それを『B: The Beginning』のプロデューサーが引き継ぎ、監督が応えてくれたのもうれしかった。今後、これがどう成長して、作っていくものにどう影響していくのか――また一つ、新しいステージに入ったということですよ。

沖浦氏: Netflixが目指しているのは、メンバーがいろいろなコンテンツと出合える仕組みを作ることと、最高の環境でプレミアムコンテンツを届けること。そのシンプルさで、面白いものを作る、作りたいものを作るという原点に回帰できるのではと思っています。

 今後、この分野にいろいろな企業が参入してきたとき、今言ったシンプルな目標にどれだけフォーカスし続けられるかが、他社との最終的な違いになってくると思います。

(文/平野亜矢=日経トレンディネット、写真/志田彩香)