スマホがスマート家電アプリだらけになる

 いろいろなメーカーのいろいろな製品を使ってみて不便だと思うのは、スマート家電が増えるとその分だけアプリも増えることだ。先述のロボット掃除機とアロマミストポッド、加湿器はすべて+Styleの製品なので1つのアプリにまとめられているが、その他にもスマートロックの「セサミ」「家電リモコン」「浄水器クリンスイ」「Amazon Alexa」「Dyson Link」「OMRON connect」「TP-LINK Kasa」「Tile」などがインストールされている。

 音声で操作できるものに関しては、アレクサを使って音声で操作すれば特に問題はない。しかし、浄水器や体組成計のように1製品1アプリの場合、数が増えてくるとアプリを選択して起動するのが面倒になる。アプリを意識させないスマート家電こそ本当にスマートなのではないかと思う今日このごろだ。

オムロンの体組成計「HBF-227T カラダスキャン」は、体重、体脂肪率などのデータを自動でクラウドにアップロードしてくれる
[画像のクリックで拡大表示]
アプリでは各データを一覧できる。過去のデータも保存されているのでそれぞれの変化をグラフで見ることも可能だ
[画像のクリックで拡大表示]
堀井塚高(ほりいつか たかし)
氏名 大学卒業後、新聞記者、雑誌記者、ゲームライター、パソコンライター、雑誌編集者、Web編集者、校正者など出版系全般に関わり、企画・執筆・編集・校正までをこなす「校了請負人」を自称。空手は黒帯、将棋はアマ三段、日本語、英語、フランス語、イタリア語のマルチリンガル。