家電リモコンを導入してもリモコンは減らない

 スマートスピーカーの相棒とも言えるのが各社から発売されている家電リモコンだ。これがあればスマートスピーカー非対応の家電でも、赤外線リモコンで操作できる製品なら音声操作が可能になる。

 しかも、1つのアプリに複数のリモコンを登録できるので、テレビも照明もエアコンも家電リモコンのアプリで操作できるようになる……はずだった。

 「はずだった」というのは、各種リモコンを引き出しにしまって1週間ほどで再びテーブルの上に復活させたからだ。音声による操作は電源のオン/オフくらいなら重宝するのだが、テレビのチャンネルを変えたいときや、エアコンの風向・強さを変えたいときなどは、リモコンのほうが手っ取り早いのだ。

 テレビのチャンネルの場合、リモコンなら「チャンネル選択」ボタンをピッ、ピッと押していくだけで済む。しかし音声操作の場合は「アレクサ、4チャンネルにして」「アレクサ、6チャンネルにして」「アレクサ、……」と言わなければならないのがつらい。

ラトックスステムズの家電リモコン「RS-WFIREX4」。外出先からでも操作できるので、帰宅の途に着いたときにエアコンを入れておくと快適な温度の部屋へと帰れる
[画像のクリックで拡大表示]

 もちろん家電リモコンのアプリで操作する方法もあるのだが、スマホを取り出してアプリを起動し、リモコンの種類を選択すると考えただけですでに面倒くさい。