平成に登場して、すっかり当たり前の存在になったコンパクトデジタルカメラ。いったいどんな進化を遂げたのか。改めて振り返る

 パソコン、スマートフォン(スマホ)と並んで、平成に生まれて一気に普及したのがデジタルカメラだろう。平成初期に登場した革新的な製品が世間にインパクトを与え、それ以降数多くのメーカーからさまざまな製品が登場して広く普及していった。今ではあたりまえになったデジカメはどう生まれ、どう変わっていったのか。コンパクトデジカメにフォーカスをあて、その進化を追っていく。

活気あふれる平成前半 個性的すぎる「迷機」も

平成7年に登場した「QV-10」。デジカメというハードウエアを普及させた立役者だ
[画像のクリックで拡大表示]

 一般消費者にデジカメを普及させた立役者として知られているのが、カシオ計算機が平成7年(1995年)に発売した「QV-10」だ。ヒットの要因は、背面にカラー液晶を搭載したこと。「背面液晶でライブビューを見ながら撮影でき、撮影した写真がその場ですぐに見られる」というフィルムカメラにはない使い勝手を備え、注目を集めた。フィルムと違って撮影や現像にお金がかからないことや、失敗した写真をその場で削除できることなど、利便性の高さも評価され、現在のデジカメのスタイルを確立した製品となった。

 QV-10のヒットを受け、カメラメーカーや家電メーカーを巻き込んでデジカメが大ブームになった。黎明(れいめい)期は、既存のフィルムカメラとの違いを前面に押し出して斬新さをアピールした個性的な製品が各社から登場し、活気にあふれた。特に、レンズが捕らえた光を光学的にまっすぐフィルム面に導く必要がないデジカメならではの特長を生かし、フィルムカメラにはない個性的なデザインの機種が多くお目見えした。

平成11年に登場した「COOLPIX 950」。レンズ部が回転する機構が熱心なファンを生んだ
[画像のクリックで拡大表示]

 フィルムカメラとの差異化にこだわったのが、意外にも老舗カメラメーカーのニコンだった。レンズ部が独立して回転するスイバル構造を採用した「COOLPIX 950」(平成11年、99年)などの薄型モデルを投入し、10万円近い高価格だったにもかかわらずヒットした。スイバル構造は、本体が薄型でもレンズ部の奥行きが確保でき、高性能のレンズを搭載しやすいといったメリットがあり、一時は熱心なファンを抱えるほどになった。

 だが、個性的なスタイルのカメラは奇抜なデザインや大柄なボディー、使い勝手の悪さが敬遠され、ヒットに結びついたものは決して多くなかった。ミノルタが平成9年(1997年)に発売した「Dimage V」は、筒状のレンズ部がカメラ本体と分離できる構造が注目を集めたが、話題性の割にヒットには至らなかった。平成が進むにつれ、個性的すぎるデザインの「迷機」は次第に姿を消し、カメラらしいオーソドックスな横長の箱形スタイルで、より小型軽量を追求した製品が主力になっていく。

進む薄型化 しかし「薄すぎ」モデルは苦戦

平成15年登場の「Optio S」。新技術を開発して薄型化を実現した
[画像のクリックで拡大表示]

 デジタルカメラの小型軽量化や薄型化は、電子部品の小型化や実装技術の向上などを受けて着実に進んでいった。特に、ペンタックス(現・リコー)が平成15年(2003年)に発売した「Optio S」は、電源オフ時にレンズの一部をレンズユニット外に待避させる画期的な「スライディングレンズシステム」を採用し、大幅な薄型化を可能とした。