【Smart Folio】めくってすぐに電源オンの気持ち良さ

 まずはiPad Proの前面と背面の両方を保護できる純正ケース「Smart Folio」から。その特徴は、めくるとiPad Proがスリープ状態から復帰し、閉じるとスリープ状態に戻ること。電源ボタンを押す必要がないのでストレスなく素早くiPad Proを使える。

 また、実はiPad Proには冷蔵庫にくっつくほどの磁力を持つマグネットが内蔵されている。このマグネットのおかけで「カチッ」と簡単に装着できるのも便利だ。

 12.9インチ用がチャコールグレイとホワイトの2色展開。11インチ用はチャコールグレイ、ピンクサンド、ホワイトの3色展開だ。

「Smart Folio」(アップルオンラインストアでの販売価格は12インチ用が税別9800円、11インチ用が同1万1800円。以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
スタンドとしても使える
[画像のクリックで拡大表示]

【Smart Keyboard Folio】新iPad Proになくてはならないパートナー

 新iPad Proを活用しようと思ったらキーボードは必需品。純正の「Smart Keyboard Folio」は、キーボードにしては高価だが、本体を保護するカバーと一体化している。しかも、これまでの純正キーボードは、ディスプレー側しか保護できなかったが、Smart Keyboard FolioならiPad Pro全体を包み込むように保護できる。キーボード利用時に、画面の角度を2段階に調節できるようになった点もうれしいところ。

 装着についてはSmart Folioと同様にマグネットで簡単に取り付けられる。iPad Pro本体とキーボードの接続は、無線のBluetoothを使わず、これまでのSmart Keyboardと同様に、独自規格の「Smart Connector」を使って行う。このため、ペアリング作業は不要。充電も必要ないのでバッテリー残量を気にすることなく使える。

「Smart Keyboard Folio」(12インチ用が2万2800円、11インチ用が1万9800円)
[画像のクリックで拡大表示]
本体との接続には独自規格の「Smart Connector」を使う
[画像のクリックで拡大表示]