3人家族が格安SIMを契約すると幾ら掛かる?

 次に、ドコモのシェアパックで1人当たり1980円になるのと同じ「3人家族」が格安SIMの家族向け料金プランを契約する場合、1人当たりいくらになるのかをチェックしてみよう。

 以下の表では、比較的知名度の高い格安SIMのうち、家族向けの料金プランやオプションを提供している「イオンモバイル」と「楽天モバイル」から、3人家族で契約した場合の月額料金を試算した。

3人家族が格安SIMの家族向け料金プランを契約した場合の月額料金
[画像のクリックで拡大表示]

 イオンモバイルでは、最大5回線の間で当月の通信容量をシェアできる「シェア音声プラン」を提供している。2回線目と3回線目は音声付きSIMを700円、データ通信SIMは0円で追加することが可能だ(4回線目と5回線目はそれぞれ200円ずつ高くなる)。

 3人で契約する場合の月額料金は、最も通信容量が少ない月4GBまでのプランでは1人当たり1060円、最も多い月50GBまでのプランは1人当たり4167円となる。

 ドコモで「1人当たり1980円」になるのは、ベーシックシェアパックで月5GBまでの場合だ。イオンモバイルで同じ通信容量が使える月6GBまでのプランの場合、1人当たりの月額料金は1227円となり、ドコモよりも753円安い。

 一方の楽天モバイルでは、前月に余って繰り越した通信容量を最大5回線でシェアできる「データシェア」を1回線当たり月額100円で提供している。ここでは、メンバーのうち1人が通信容量の付くプランを契約し、残るメンバーが通信容量の付かない「ベーシックプラン」(音声付きSIMは月額1250円)を契約するケースを想定して試算した。

 3人で契約する場合の月額料金は、最も通信容量が少ない月3.1GBまでのプランでは1人当たり1467円、最も多い月30GBまでのプランでは1人当たり2983円となる。ドコモで「1人当たり1980円」になるのと通信容量が同じ月5GBまでのプランの場合、楽天モバイルでは1人当たり1650円となり、ドコモより330円安い。