「イッキューパッ!」で使うための条件は?

 まずは、ドコモの家族向け料金プランで1人当たりの月額料金が1980円になる条件をチェックしてみよう。

 以下の表では、ドコモのウェブサイトを参考に、3人家族が通信容量を分け合うパケットパック「シェアパック」を契約した場合の月額料金を試算した。基本プランは2年間の定期契約を前提とし、キャンペーンによる割引などは考慮していない。

3人家族がシェアパックを契約した場合の月額料金
 3人家族が1人当たりの月額料金を1980円にするためには、以下の条件を満たす必要がある。
[画像のクリックで拡大表示]

 3人家族が1人当たりの月額料金を1980円にするためには、以下の条件を満たす必要がある。

・基本プランは3人とも通話料金が従量制の「シンプルプラン(スマホ)」(月額980円)を契約する
・3人の通信量が合計で毎月5GB以内におさまる(ベーシックシェアパックの月額料金が一番安くなる)
・3人とも「docomo with」対象のスマホ端末を選ぶ(各回線の月額料金から毎月1500円ずつ割引)
・親回線のドコモ歴が15年以上(「ずっとドコモ割プラス」プラチナステージに対する特典により、親回線の月額料金から毎月900円割引)

 以上の条件がそろうと、3人家族全体の月額料金が合計5940円、1人当たり1980円となり、ドコモが訴求する通りの価格となる。

 なお、「docomo with」は指定のスマホを購入することで月額料金が毎月1500円安くなる割引サービスで、対象外のスマホを購入するまでずっと割引が続く。「ずっとドコモ割プラス」は長期契約者向けの特典サービスで、契約期間に応じたdポイントの付与もしくは月額料金の割引を受けられる。

 ただし、ここにはスマホ端末の分割払い代金、各種オプション料金、通話料金などは一切含まれていないので、実際には1980円以上のコストが掛かることになる。

 それに、条件が1つでも満たされなければ、月額料金は1980円よりも増える。例えば、3人合計の通信量が月5GBを上回ると、それだけで1人当たりの月額料金は800円も増えてしまう。

 また、ドコモを契約してから4年未満の家族は「ずっとドコモ割プラス」が1stステージとなり、まだ割引が付かない。これ以外の条件をすべて満たしても、1人当たりの月額料金は2280円。いまコマーシャルを見てドコモに乗り換えたとしても、「イッキューパッ!」の価格に達するのは15年後となるのだ。