無料で無制限の「Googleフォト」

 iPhoneで撮影した写真をクラウドストレージに保存する場合、利用料金とアップロードできる写真の枚数や容量制限が最も気になるところだろう。「Googleフォト」は、無料で利用できて、アップロードの枚数にも制限がない。写真および動画の保存に特化したクラウドストレージサービスだ。

Googleフォト

 そのままアプリを起動しておくと、iPhone内に保存されている写真が、自動的にGoogleフォトにバックアップされる。初めはiPhone内の写真がすべてバックアップされるので、保存されている写真が多いほど時間がかかる。

 ただし、初回の起動で表示される設定画面では「モバイルデータ通信を使用する」をオフにすべきだ。写真が多い場合、月間のデータ通信量を使い切ってしまい、通信規制がかかってしまう可能性がある。アプリを終了しても、バックアップ作業はバックグラウンドで行われるので注意が必要。初回のバックアップはWi-Fiを使ったほうが安全だろう。

 また「写真と動画のアップロードサイズ」画面で、選択できる項目に「高画質」と「元のサイズ」がある。後からでも設定画面から変更できるが、無料で容量の制限なく利用する場合は、「高画質」を選択する必要がある。「高画質」では元写真のファイルサイズを削減して保存される。

初回起動時に表示される「写真や動画のバックアップ」画面で「バックアップと同期」をオンにする(1)。「モバイルデータ通信を利用してバックアップ」は、ここではオフ(2)のまま「続行」をタップする
[画像のクリックで拡大表示]
「写真と動画のアップロードサイズ」画面では、アップロード枚数の制限なしで使用するなら「高画質」をタップして「続行」をタップする
[画像のクリックで拡大表示]

iPhoneの写真はリサイズされない

 Googleフォトの仕様では、1600万画素以下の写真と1080p以下の動画はリサイズされない。最新のiPhone 6sのカメラでも1200万画素なので、iPhoneで撮影された写真は、リサイズされることはない。

 実際にGoogleフォトにバックアップされた写真をダウンロードして、オリジナルの写真を比較すると、画像のサイズはどちらも3024×4032ピクセルだった。ただし、ファイルサイズはGoogleフォトの写真のほうが小さくなっていた。若干、画質が落とされているようだが、拡大してよく見ても分からないレベルだ。

 iPhoneの画面で見る限りは、違いは全く感じない。iPhoneで撮影した写真を保存する場合は「高画質」で十分といえるだろう。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
オリジナルの写真のファイルサイズが2.1MB(左)だったの対し、Googleフォトにバックアップされた写真をダウンロードしたものを見ると1.5MB(右)に減っていた。画像のサイズはどちらも3024×4032で変更されていないことも分かる
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
左がオリジナルの写真、右がGoogleフォトにバックアップされた写真。縮小前の写真を画像編集アプリで500%に拡大しても違いを見つけるのは困難だった

バップアップ完了した写真を一括削除

 Googleフォトには、バップアップが完了した写真をiPhoneから一括で削除する「端末の空き容量の確保」機能がある。これを利用すれば、一発でiPhoneのストレージに空きを増やせる。これには「設定」画面を開き「空き容量を増やす」をタップすればよい。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
「設定」画面を開き「空き容量を増やす」(1)をタップして、表示されたダイアログで「削除」(2)をタップする

 Googleフォトの端末の空き容量の確保機能を使って、iPhone内の写真を削除する場合は問題ないが、写真を選択して削除する場合は注意が必要だ。間違った方法で写真を削除をすると、iPhone内の写真と一緒にGoogleフォト上のバックアップ写真も削除してしまう。

 Googleフォトで、iPhone内の写真だけを削除する方法を紹介しよう。サムネール画面で、削除したい写真のサムネールを長押しするとその写真が選択される。画面上で指をスライドさせれば、一気に複数の写真を選択できる。選択できたら画面右上の縦にドットが3つ並んだアイコンをタップし、画面の下部に下に「端末上のファイル(〜個)を削除」と表示されるのでタップする。確認ダイアログで「削除」をタップすればよい。これでGoogleフォトの写真は残して、iPhoneの写真だけを削除できる。

 ドットが3つ並んだアイコンをタップするところで、ゴミ箱アイコンをタップすると、GoogleフォトとiPhoneの写真を同時に削除することになるので注意が必要だ。

写真のサムネールを長押しするとその写真が選択される(1)。画面上で指をスライドさせれば、一気に複数の写真を選択できる
[画像のクリックで拡大表示]
画面右上の縦にドットが3つ並んだアイコンをタップ(2)すると、下に「端末上のファイル(~個)を削除」と表示されるのでタップ(3)する
[画像のクリックで拡大表示]
表示されたダイアログで「削除」をタップ(4)すると、Googleフォト上の写真はそのままで、iPhone内の写真だけが削除できる
[画像のクリックで拡大表示]

 上記の手順では、削除された写真はiPhone内の写真アプリの「最近削除した項目」に移動するだけで、ストレージから削除されない。そのままにしておくと、30日経過したものから順に削除されていく。直ちに削除して、ストレージの空きを増やすには、写真アプリを起動して、「最近削除した項目」をすべて削除する必要がある。

 Googleフォトにはこの他にも、共有アルバムを作成して、家族や友人と写真を共有する機能や、写真を編集する機能、顔認識で写真を探す機能など、標準の写真アプリとほとんど同じ使い方ができる。写真をバックアップする目的以外に写真アプリに代わる点でも利用価値は高い。