2016年に大ブームを巻き起こした米ナイアンティックのスマホゲーム「ポケモンGO」が大型アップデートを実施した。80匹以上の新しいポケモンを追加したほか、ポケモンをさらに進化するためのアイテムを追加するなどの改良を図った。一時のブームが沈静化して日常的にプレーする人が急減するなか、ポケモンの大量追加でブーム再燃を狙う。旧バージョンからのアップデートは無料。

「ポケモンGO」が大規模なアップデートを実施し、新キャラクターや新機能が追加された。iOS版、Android版ともに無料でアップデートできる
[画像のクリックで拡大表示]
80匹以上の新しいポケモンが追加されたのがアップデートの目玉だが、それ以外にもさまざまな改良が施されている
[画像のクリックで拡大表示]

 アップデートでのおもな改良点は以下の通り。

新しいポケモンを80匹以上追加、図鑑を完成させていく楽しみが復活

 今回のアップデートでもっとも大きな改良といえるのが、これまで出現しなかった新しいポケモンを追加したことだ。1999年に発売したゲームボーイ用ソフト「ポケットモンスター 金・銀」に登場するポケモンで、今回は約80匹以上を追加したという。実際にフィールドを歩いてみると目新しいポケモンが続々と登場し、久々にワクワク感が味わえた。

フィールドを歩くと目新しいポケモンが続々と現れる。追加されたのは「ポケットモンスター 金・銀」で登場したポケモンたちだ
[画像のクリックで拡大表示]
「かくれているポケモン」をタップすると、まだ捕まえていないことを表すシルエット表示のポケモンが多く表示される。ポケモンを探してやろうという気にさせる
[画像のクリックで拡大表示]
追加されたポケモンは「ヒメグマ」のようにかわいらしいものが多い
[画像のクリックで拡大表示]
新しいポケモンを捕まえて図鑑を埋めていくという楽しみがよみがえった
[画像のクリックで拡大表示]

 昨今、ポケモンGOのユーザー離れが急速に進んだ大きな要因は、新しいポケモンが手に入りづらくなったからだ。「捕まえられるのはポッポやコラッタなど同じポケモンばかり」という状況が飽きを感じさせ、プレーをやめることにつながった。

 実は、2016年12月に実施したアップデートで「ピチュー」や「トゲピー」などの新しいポケモンが8種類ほど追加された。だが、これらのポケモンはフィールドには現れず、入手するにはタマゴからふ化させるしかなかった。タマゴをふ化させても、これらのポケモンが必ず現れるとは限らず、「結局入手できない」と不満を高める結果となった。

 タマゴ以外から入手できるポケモンの大量追加で、ポケモンGOの登場時に味わった「新しいポケモンを探す」という楽しさがよみがえり、プレーを再開する人が増えそうだ。

(c)2016 Niantic, Inc. (c)2016 Pokemon. (c)1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.