それでは、当日のコンサートの模様を、写真で振り返ってみよう。

コンサート紹介用のポスター
[画像のクリックで拡大表示]
コンサート会場の「セシオン杉並」。当日は晴天に恵まれた
[画像のクリックで拡大表示]
受付を務めたのは、東京藝術大学で音楽を学んでいる平山あかりさん(左)と齋藤みゆきさん(右)。来場した子供には、マラカスをプレゼント
[画像のクリックで拡大表示]
色とりどりのマラカスは、「ふくまろ」のイラスト入り
[画像のクリックで拡大表示]
相原さん、上塚さんが演奏するモーツアルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」でコンサートがスタート
[画像のクリックで拡大表示]
ホールには親子連れなど約400人が訪れた
[画像のクリックで拡大表示]
二人の呼びかけで登場した「ふくまろ」が自己紹介
[画像のクリックで拡大表示]
「バッハの写真見せて」という呼びかけに応える「ふくまろ」
[画像のクリックで拡大表示]
「ふくまろ」が映し出した肖像画に合わせて、二人がバッハのエピソードを解説した
[画像のクリックで拡大表示]
原久美子さんのピアノ伴奏に合わせて、バッハの「G線上のアリア」を演奏
[画像のクリックで拡大表示]
「弦楽器の写真見せて」という相原さんの呼びかけを認識する「ふくまろ」
[画像のクリックで拡大表示]
画像、オーケストラの曲に加えて、アニメーション動画も「ふくまろ」が再生
[画像のクリックで拡大表示]
ベートーベンの「喜びの歌」を指揮する「ふくまろ」。歌はソプラノの中村彩乃さん
[画像のクリックで拡大表示]
「おもちゃのチャチャチャ」の曲に合わせてマラカスを振る「ふくまろ」。会場の子供たちも、マラカスを手に演奏に参加した
[画像のクリックで拡大表示]
ホールには、パソコンの体験コーナーを用意。子供たちが「ふくまろ」との会話を楽しんでいた
[画像のクリックで拡大表示]
左から、原久美子さん(ピアノ)、相原結さん(ホルン)、大西由峰さん(作・編曲家)、上塚恵理さん(フルート)、中村彩乃さん(ソプラノ)
[画像のクリックで拡大表示]
ロビーで参加者と記念撮影。写真の笠木さん親子の2歳7カ月の娘さんの感想は、「ふくろう来た、可愛かった。ラッパやってた、楽しかった」
[画像のクリックで拡大表示]
井上さん親子。2年生のお姉さんは「初めてホルンを聞いて、低い音がいっぱい出て面白かった」、5歳の弟さんは「『ふくまろ』がしゃべっているところが、可愛かった」
[画像のクリックで拡大表示]
ステージの演奏風景に魅入ったり、演奏後に拍手をしたり、コンサートを最後まで楽しんでいたという1歳7カ月の男の子
[画像のクリックで拡大表示]
コンサート終了後に控室で。衣装とネックレスは色違いのおそろい
[画像のクリックで拡大表示]