NTTドコモの回線から格安SIMに移るときの手順や、移行の手間がどれぐらいかかるかを紹介。移行後の使い勝手についてもレビューします。

[画像のクリックで拡大表示]

 筆者はこれまでNTTドコモのiPhoneを使っていた。エリアや通信速度に関しては不満はないが、通信料金に関してはもう少しなんとかならないかと頭を悩ませていた。

 ドコモで契約しているのは「カケホーダイプラン」と「データSパック(2GB)」、それにオプションの留守番電話サービス。それで、だいたい毎月7000円ほどの通信料金を支払っている。そこで、エリアや通信速度は現状のままで、月額料金をもう少し抑えられないかと思い、実際に格安SIMへ乗り換えることにした。

 格安SIMは、ドコモやauといった大手キャリア(携帯電話事業者)から、通信回線や通信インフラを借り受けている。そのため、エリアに関しては大手キャリアと変わらない。つまり、ドコモからインフラを借り受けている格安SIMを選べば、通信エリアはこれまで通りのはずだ。

 気になる格安SIMをいくつか検討した結果、ドコモのエリア/通信速度と同じで、500MBから10GBまでの料金プランをそろえる「mineo」(ケイ・オプティコム)の「ドコモプラン」(Dプラン)にすることに決めた。データ容量は3GB、月1600円の音声通話対応のプランだ。

 もちろん他の格安SIMでも、多くの料金プランが提供されている。mineoの料金プランはその中でも平均的。データ容量や端末数などの条件によっては、ほかの格安SIMのほうが安くなるケースもある。ただしmineoは、電話番号をそのままに、auの通信エリア(「auプラン」)に変更できるという特徴もある。将来、auの電波を使いたいというときでも、簡単に乗り換えられるメリットは大きい。この柔軟性の高さがmineoを選んだポイントだ。