いま最新スマートフォンの多くに、ユーザーの“使いすぎ”や端末から飛んでくる通知を制限する機能が搭載されている。理由は世界中でスマホユーザーの「依存症」が問題になり始めているからだ。実はその制限を目的とした機能は、上手に使いこなせば自身のスマホリテラシーを高めつつ、生活の質を改善するためのツールにもなる。

 iPhoneには最新のiOS12から「スクリーンタイム」という機能が搭載されている。もう使っている、なんとなく知っているという方もいるだろう。そこで今回はちょっと視点を変えて、スクリーンタイムを使いこなし、スマホをクリエイティブに活用したり親子のコミュニケーションを深めたりするワザを紹介する。

スクリーンタイムはスマホ依存度のチェックに最適

 最初にiOS12のスクリーンタイム機能について説明しよう。

設定アプリをタップして、「スクリーンタイム」のメニューから詳細へ
[画像のクリックで拡大表示]

 「設定」アプリを開き、画面に並んでいる砂時計のアイコン「スクリーンタイム」をタップ。すると画面の上のほうにスマホを使った時間が棒グラフと数字で表示されている。その下には、画面を見ない時間帯を設定する「休止時間」、アプリ単位で使える時間を設定する「App使用時間の制限」が並んでいる。さらに休止時間中でも例外として使えるようにするアプリを設定する「常に許可」があり、その下に不適切なコンテンツをブロックする「コンテンツとプライバシーの制限」といったメニューがある。

スクリーンタイムの「休止時間」のメニューからは画面を見ない時間帯まで設定できる。休止中は許可されたアプリ、電話だけが使用可能になる
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに詳細を見ていこう。前述した上のほうにある棒グラフ部分をタップすると、「今日」と「過去7日」の使用履歴が「仕事効率化」や「ゲーム」「SNS」といったタスクごとに棒グラフと時間で表示される。その下には、使った頻度の高いアプリとWebサイトがリスト化されている。

iOS12から搭載された「スクリーンタイム」。ユーザーがどれくらいiPhoneを使っているか、用途やアプリ単位で細かくモニタリングできる便利な機能だ。こちらは1日の利用状況を表示させたもの
[画像のクリックで拡大表示]
同じくこちらは過去7日間の使用状況を表示させたもの
[画像のクリックで拡大表示]

 筆者はiPhoneとiPad Proをほぼ毎日持ち歩き、移動中の動画や音楽鑑賞、メール、WebのチェックなどにiPhoneをよく使っている。そのため、エンターテインメントと仕事効率化のグラフが高くなっている。iPad Proのほうを見ると、主にテキストエディターとして使うことが多いためか、「その他」のグラフの長さが目立っていて、夜間の時間帯には「読書と調べ物」が“伸び盛り”を迎える。このように、端末ごとに使用傾向の明確な違いが見えて面白い。

筆者もiPhoneとiPad Proを毎日持ち歩きながら使っている。デバイスごとに用途が違っていることがスクリーンタイムに反映されるので面白い
[画像のクリックで拡大表示]

 「持ち上げ」のメニューは、その名前の通りスマホを持ち上げて使った総時間と回数がアプリごとに表示される。筆者は「スマホ依存症ではない」と思っているが、それでも1日にスマホの画面をこれほど長時間見ているのかと驚かされた。LINEをけっこう使い込んでいる日もあり、このように可視化されると、気を付けなければという自覚が芽生えてくる。

 そして一番下にある項目が「通知」で、設定から通知を許可したアプリがリストに表示される。スマホを使い慣れているユーザーなら、必要な通知だけが見られるように設定済みだろう。もし煩わしく感じられるようになったアプリの通知があれば、スクリーンタイムから設定メニューに移動して通知をオフにできるので、知っておくと便利だ。