eスポーツ選手のプロライセンス発行や日本代表選手の海外派遣などを行う業界団体、日本eスポーツ連合(JeSU)が、「eSPORTS 国際チャレンジカップ~日本選抜vsアジア選抜~」を開催した。日本における初のeスポーツ国際試合。2019年1月26、27日に幕張メッセで行い、日本を含む7つの国・地域から選手が参加。『ウイニングイレブン 2019』『ストリートファイターV アーケードエディション』『鉄拳7』『Overwatch』で戦った。

「eSPORTS 国際チャレンジカップ~日本選抜vsアジア選抜~」。写真は『Overwatch』でアジア選抜に勝った日本代表選手たち
[画像のクリックで拡大表示]

 試合に合わせて開かれた記者会見では、JeSUの岡村秀樹会長が今回の国際チャレンジカップについて「日本のeスポーツ史においてとても意義深いこと」と説明。来年以降も継続的に開催し、参加国を増やしていきたいと意気込みを語った。

 また、共催として大会運営に加わったアジアeスポーツ連盟(AESF)のケニス・フォック会長は、「一番大切なことは、いかにして健全なエコシステムを作り、eスポーツを発展させるか」と発言。アジアには12億のアクティブゲーマーがいること、トップアスリートにはアジア出身者が多いことに触れ、「アジアはeスポーツの先進地域。アジア各国が協力してeスポーツを先進させるのは理にかなっている」とした。実際、記者会見には、国際チャレンジカップに参加したサウジアラビア、タイ、フィリピン、香港、台湾、韓国の6カ国から代表者が登壇し、今後の協力や交流の姿勢を確認し合った。

JeSUの岡村秀樹会長
[画像のクリックで拡大表示]
AESFのケニス・フォック会長
[画像のクリックで拡大表示]
サウジアラビア、タイ、フィリピン、香港、台湾、韓国の6カ国から代表者も登壇
[画像のクリックで拡大表示]

地方支部を設置し、eスポーツ定着を狙う

 記者会見の後半では、今後のJeSUの活動方針も説明した。

 まずは、2019年1月から活動を開始したJeSUの地方支部を紹介した。JeSUの地方支部は、全国各地域eスポーツを振興するための組織。各地でeスポーツ大会を開催したり、スポンサーになりたい、大会を主催したいといった企業・団体からの相談を受け付けたりする。JeSUとしては、ゲームメーカーとの連携や支部間での事例の共有、最低限の運用ルールの提示などで地方支部を支援する予定だ。2019年1月時点では、JeSUの前身となった団体の1つ、JESPA(日本eスポーツ協会)の支部をベースに11団体を認定しているが、いずれは全都道府県に拡大したいとしている。

全11の地方支部から6人の代表者が出席
[画像のクリックで拡大表示]

 地方支部の直近の活動としては、「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」がある。同選手権は4~8月に都道府県代表決定戦が、10月に決勝大会が行われるが、この都道府県代表決定戦でJeSUと地方支部と連携する予定だ。

 また、JeSUのホームページにプロ認定選手のデータベース(ベータ版)を1月25日に公開したことも発表。各選手が持つタイトルや戦績、居住地、コメントなどを掲載し、選手のことをもっと知りたいファンや支援したい企業に向けて情報を発信する。「個人情報を含むので本人の同意が前提」(岡村氏)としながらも、情報の充実を図る考えだ。

(文/平野亜矢、写真/酒井康治=日経トレンディネット)