2019年1月18日に、カシオ計算機の新しいスマートウオッチ「WSD-F30」が発売された。筆者は初代の「WSD-F10」に続いて前モデル「WSD-F20」も手に入れており、普段から愛用している。それだけにWSD-F30は待ちに待った新モデル。すぐに購入した。

 そこで今回は、WSD-F30の進化したポイントをチェックするとともに、実際の使用感や気になる点をWSD-F20と比較しながら探ってみた。

腕に装着しているのが、カシオ計算機の最新スマートアウトドアウオッチ「WSD-F30」(下)。上段は、筆者がこれまでに使ってきた前モデルの「WSD-F20」(左上)と初代モデルの「WSD-F10」(右上)
[画像のクリックで拡大表示]
WSD-F30はオレンジ/ブルー/ブラックの3色展開となる。ブルーは既存モデルになかったカラバリなので、あえて今回選んでみた
[画像のクリックで拡大表示]

 WSD-F30は、カシオのスマートウオッチとしては3代目。2016年に発売された初代のWSD-F10から継承されているアウトドアシーンでの利用に特化した機能や性能を備えており、一般的なスマートウオッチとは一線を画す製品となっている。さらに、2017年に発売されたWSD-F20から引き続き、「PRO TREK Smart」としてカシオのアウトドアウオッチ「PRO TREK(プロトレック)」のシリーズのひとつに位置付けられている。

 これに加えてWSD-F30ではさらに進化し、機能性と使い勝手を向上させるための工夫が施されている。主な進化ポイントは、「エクステンドモード」「二層ディスプレイ」「サイズ」の3つ。ほかにもいくつか改善を加えることで、前モデル以上の魅力的な製品に仕上がっている(関連記事「カシオのアウトドアスマートウオッチ 3代目の進化は?)。