レンズを外すと撮像素子が見えるのはミラーレスならでは。撮像素子は43.8×32.9mmの大型タイプで、アスペクト比は4:3となる。レンズマウントはGFXのために開発した65mm径の新マウントで、光学設計は将来的に1億画素にも対応できるという

記事へ戻る(ページを閉じる)

富士フイルムが中判ミラーレス一眼「GFX」を発表しました。ミラーレスというとお手軽なイメージがありますが、GFXはあえてミラーレス構造を選ぶことで画質をトコトン重視した高性能モデルに仕上げたのが特徴です。