東京藝術大学 音楽学部 器楽科(室内楽&ホルン) 准教授の日高剛氏。長崎大学経済学部を卒業後、東京藝術大学、オランダ・マーストリヒト音楽院にてホルンを学ぶ。2000年広島交響楽団に入団、その後日本フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団、NHK交響楽団ホルン奏者を歴任。現在、東京藝術大学准教授。国立音楽大学講師、日本センチュリー交響楽団首席客演ホルン奏者を務める

記事へ戻る(ページを閉じる)

AIの進化や活用には、どのような可能性があるのだろうか。東京藝術大学 准教授の日高剛氏と、富士通クライアントコンピューティング 副社長の竹田弘康副氏に聞いた。

関連画像