【三井カメラマン:第3位】パナソニック「LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH.」

 パナソニックが発売した望遠ズームレンズ「LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm / F4.0-6.3 ASPH.」には驚かされた。常時持ち歩ける約985gという重量ながら、35mm判換算で200~800mmが手持ち撮影できるのだから。

パナソニックが2016年3月に発売したマイクロフォーサーズ用の望遠ズームレンズ「LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH.」。実売価格は17万円前後だ
[画像のクリックで拡大表示]

 これだけの超望遠撮影になると手ぶれが心配になってくるが、ボディー内手ぶれ補正とレンズ内手ぶれ補正を併用できるDual I.S.搭載カメラであれば、三脚や一脚がなくてもぶれをしっかり抑えて撮れるのがスゴい。画質も、このクラスのズームとしては良好で、スポーツをはじめ風景にも向いているだろう。防塵防滴仕様なので、ワイルドライフの撮影にも臨める。

 単焦点で明るいレンズもいいが、近づいて撮れないシーンではこのようなズームレンズのほうが使い勝手がいい。このサイズ感で手持ちでの超望遠撮影を可能にした本レンズに脱帽だ。

気軽に持って歩けるサイズ感なので、いつでも手持ちで超望遠撮影が楽しめるのがこのレンズの魅力である(LUMIX DMC-GX8使用、ISO200、1/640秒、F8.0、800mm相当)
[画像のクリックで拡大表示]
三井公一(サスラウ) Koichi Mitsui
氏名 iPhoneで独自の世界観を持つ写真を撮影している。2010年6月新宿epSITEで個展「iの記憶」を開催。同年10月にはスペインLa Panera Art Centerで開催された「iPhoneografia」に全世界のiPhonegrapherの中から6人のうちの1人として選ばれる。著書にはiPhoneで撮影した写真集「iPhonegrapher―写真を撮り、歩き続けるための80の言葉(雷鳥社)」、「iPhone フォトグラフィックメソッド(翔泳社)」がある。公式サイトは http://www.sasurau.com/、 ブログは http://sasurau.squarespace.com/、 ツイッターは @sasurau