ワイヤレス充電は便利で快適

 筆者はiPhoneシリーズやGalaxyシリーズなど様々なワイヤレス充電対応スマホを使っている。充電ケーブルを挿す端子の形状はLightning、micro USB、USB Type-Cなど様々で接続ケーブルも異なる。複数のケーブルをそろえておかないといけないし、充電するときはその中からコネクターの形状を確認しながら探し出し、場合によっては向きを合わせて挿し込んで、と充電するための作業が非常に面倒で困っていた。

 しかし自宅に平置きタイプのワイヤレス充電器を導入したおかげで、これらの問題が一挙に解決した。充電ケーブルを探す手間、端子の向きを確認する手間、挿し込む手間がなくなったのだ。またケーブルの抜き差しが減ったことでスマホの端子を破損する恐れが減った。これもワイヤレス充電のメリットだろう。

ワイヤレス充電の標準規格「Qi」

 煩わしいケーブルを使わずに充電できるワイヤレス充電だが、その仕組みを知っておこう。

 隣り合った2つのコイルの片方に電流を流れると、磁束が発生してもう片方のコイルにも電流が流れ、電力が発生する。この現象を電磁誘導と呼ぶが、現在実用化されているワイヤレス充電はこの仕組みを利用したものだ。ワイヤレス充電器とスマホにそれぞれコイルが内蔵されていて、スマホを充電器に置いて互いのコイルが隣接すると、スマホの中のコイルに電流が発生してバッテリーを充電する。互いの機器が離れると電流は止まる。コイルとコイルの間が多少離れていても充電できるので、スマホに2~3mm程度の厚さのカバーを付けたままで充電できる。

ワイヤレス充電の国際標準規格「Qi(チー)」に対応したスマホや充電器には、ロゴマークが入っている
[画像のクリックで拡大表示]

 このワイヤレス充電の国際標準規格が「Qi(チー)」だ。Qiは「Wireless Power Consortium」(ワイヤレス・パワー・コンソーシアム)が策定した規格で、そのメンバーにはアップルやサムスンなどのスマホメーカーのほか、AnkerやBelkinといったスマホ向け充電機器で知られるメーカーも名を連ねている。実際に購入する際は自分のスマホで使えるかどうか対応機種を確認しておくべきだが、Qiに対応した製品同士なら互換性はほぼ問題ないと考えていいだろう。

 ちなみに高速でワイヤレス充電ができることをうたった製品もあるが、付属のACアダプターを使ったときのみ急速充電できるなど、条件はメーカーや製品によって異なるので注意が必要だ。