米国・ラスベガスで2019年1月8~11日(現地時間)に開催されたIT・家電の総合展示会「CES 2019」。薄型テレビは「8K」がテーマになると思われていたが、予想を覆して、来場者からの注目を最も浴びたのは、韓国・LGエレクトロニクスの巻き取り式の有機ELテレビ「LG SIGNATURE OLED TV R」だ。

LGの巻き取り式の有機ELテレビ「LG SIGNATURE OLED TV R」
[画像のクリックで拡大表示]

 LG SIGNATURE OLED TV Rは、チェストような本体に65型の巻き取り式4K有機ELパネルが収納されている。テレビを視聴する際には、画面がせり上がる形でテレビが登場。立ち上げ時(「Full View」モード)には通常のテレビとして使えるし、収納時(「Zero View」モード)にはテレビの存在感を消せるのが特徴だ。画面の1/3だけを出して、時計や天気予報、写真などのライフスタイルインフォメーションを表示する「Line View」という機能もある。

 このLG SIGNATURE OLED TV Rは、LGが巻き取り可能な有機ELをアピールするために作り上げた技術デモではなく、2019年下半期に実際に発売する予定の製品というのが驚きだ。

テレビとして使わないときは家具のような形
[画像のクリックで拡大表示]
有機ELの画面がせり上がり、テレビとして視聴できるようになる
[画像のクリックで拡大表示]

 LGのプレスカンファレンスでのLG SIGNATURE OLED TV Rの初披露以来、画面がせり出してテレビの姿になるSFのような未来的なギミックは、CESの来場者が撮影した動画などで瞬く間に世界に拡散され、話題を集めた。毎年CESを取材しているが、テレビというカテゴリーの製品が、ここまで幅広い層に注目されるのは珍しい。

 4Kテレビが普及し、有機ELテレビも各社のラインアップに加わるようになった今、薄型テレビの固定的な形を変えてみせたLG SIGNATURE OLED TV Rこそが、テレビに求められる“革新”なのかもしれない。