最近、注目を集めているスマートスピーカー。「Google Home」や「Amazon Echo」、「Clova WAVE」などが登場するなか、ソニーからも「LF-S50G」(2万4880円)が2017年12月9日に発売された。

 筆者は以前から「声で操作できること」にはそれほど魅力を感じていない。スマホのGoogleアシスタントも使わず、機能そのものを切っているほどだ。そのため、スマートスピーカー自体にはそれほど興味はなかったのだが、機能面で気になっていることがひとつあった。

 それは「ラジオや音楽ストリーミングサービスを単体で楽しめる」ということ。日常的にラジオや音楽は聴いているので、自宅で楽しむ際にパソコンよりも利便性が高ければ「スマートスピーカーを活用するのもありかな」と思っていたわけだ。

 そんななか登場したのがソニーのLF-S50G。ソニー好きだし、何といってもスピーカー性能が高いということなので、せっかくだからと発売日に自腹購入した。では、LF-S50Gがどんなスマートスピーカーなのか、その使い勝手などをチェックしてみた。

ソニーのスマートスピーカー「LF-S50G」。カラーはホワイト/ブラック/ブルーの3色をラインナップする。ソニーストアでの価格は2万4880円
[画像のクリックで拡大表示]

「ソニーらしさ」はどこにある?

 LF-S50Gは、声で操作する機能を司る音声アシスタントに「Googleアシスタント」を採用。これはAndroidスマホやGoogleのスマートスピーカー「Google Home」などで利用されているものと共通となる。そのため、Googleアシスタントを利用した機能については、Google Homeとほぼ変わりがない。

 Google Homeとの違いとしては、ソニーらしく音質面に力を入れている点が挙げられる。上向きのフルレンジスピーカーと下向きのサブウーファーを搭載した「対向配置2ウェイスピーカーシステム」などを採用。部屋のどこにいても良い音質で音楽を楽しめるという360度サウンドを実現している。

 また、本体に触れなくても曲や音量を操作したり、音声アシスタントを起動したりできる「ジェスチャーコントロール」もLF-S50Gの独自機能のひとつ。さらに、水しぶきが飛ぶ可能性のあるキッチンでも利用できるJIS IPX3相当の防滴仕様になっている。

筆者はLF-S50Gを、自室のベッド横の窓際に置いて利用している
[画像のクリックで拡大表示]

 ボディデザインは、ジェスチャーでの操作に対応することもあってかボタンを極力見せない設計となっており、全体的にシンプルですっきりとした印象だ。また、前面に時刻を表示してくれるのもLF-S50Gの特徴で、筆者が気に入ったポイントのひとつ。これもGoogle Homeにはない機能となり、個人的には据え置き時計の代わりとして気軽に時間を確認できるのはかなり助かっている。