レノボ・ジャパンは2018年9月11日、15.6型の液晶を搭載するノートPC「ThinkPad X1 Extreme」を発表した。処理性能の高いCPUやグラフィックスチップ、大容量メモリーなどを搭載し、スタンダードノートと同じサイズの液晶ディスプレーを搭載しながら重量約1.7㎏と軽く、モバイルノートとして使えるのが特徴。レノボでは、持ち運んで使える処理性能の高いPCとして、VRコンテンツ制作や画像処理などの用途での需要を見込む。販売価格は27万8000円から。

レノボ・ジャパンの15.6型モバイルノート「ThinkPad X1 Extreme」
[画像のクリックで拡大表示]
8月に発表されたモバイルワークステーション「ThinkPad P1」の兄弟モデル。外観はほぼ同じだが、こちらは液晶天板にX1のロゴが入る
[画像のクリックで拡大表示]

 CPUには第8世代のCore i7/i5 Hシリーズ、メモリーは最大64GB、ストレージには最大2TBのNVMe SSD、グラフィックスチップに、NVIDIA GeForce GTX1050 Tiを搭載。ディスプレーは15.6型でタッチ対応も選択可能。100%Adobe RGBに対応しており、色の再現性に優れる。このほかキーボードの打ち心地、タッチパッドのクリック音の静かさ、安心して持ち歩けるボディーの堅ろう性にもこだわったとてしている。

処理性能は高いが発熱量の大きいCPUやGPUを薄型ボディーに搭載するため、冷却ファンなどの内部機構にこだわったという
[画像のクリックで拡大表示]

 拡張端子はUSB3.1 Gen2 Type-C(Thunderbolt 3対応)×2、USB3.0(Type-A)×2、HDMI出力、メモリーカードスロットなどを備え、拡張性は高い。ボディーは高さ約18㎜、重さ約1.7kgで15.6型ノートとしては薄型軽量だ。バッテリー駆動時間は約16時間と長く、持ち歩いて電源のない場所で長時間利用できる。

Thunderbolt 3を2つ、標準タイプのUSB3.0を2つ備える。メモリーカードスロットはフルサイズのSDカードに対応する
[画像のクリックで拡大表示]

(文/湯浅英夫)