LINEは2016年3月24日、「LINEモバイル」として格安SIMサービスを今夏開始することを発表した。NTTドコモの携帯電話回線を利用したもので、同社のコミュニケーションサービス「LINE」が使い放題で月額500円からという安さが特徴だ。

一番安いプランで月額500円から。すべてのプランでLINEは使い放題になる
[画像のクリックで拡大表示]

 料金プランは複数提供する予定で、LINEに加えて、フェイスブックやツイッターが使い放題になるプランも予定している。こうしたプランでは、主要な機能に関するデータ通信量をカウントしないことで、実質的な使い放題を実現する。「LINEミュージック」など音楽配信サービスの通信量をカウントしないプランも予定している。

価格の安さや回線品質だけでは先行他社に太刀打ちできないと考え、プラスアルファの要素としてLINEやフェイスブック、ツイッターの使い放題を盛り込んだという
[画像のクリックで拡大表示]
LINE使い放題の中には、トーク、タイムライン投稿や閲覧、無料通話といったLINEの主要機能が含まれている
[画像のクリックで拡大表示]

 LINE社長の出澤剛氏は「日本ではまだスマートフォンの普及率が約5割と低い。LINEのユーザーを増やすためにも何か対応が必要だと考えて、MVNO事業への参入を決めた」と参入した理由を述べた。

 料金プランの詳しい内容や価格、SIMカードのみの販売なのか、スマホ端末も取り扱うのかなどは未定となっている。だが、500円からという安さと主要SNSが使い放題になることを武器に、格安SIMのなかでも注目を集める存在になりそうだ。

スマートフォン向けアプリのユーザー数を見ると、SNSサービスはLINE、フェイスブック、ツイッターの3つが大きい。インスタグラムなど他のSNSサービスとの提携については「検討中」という
[画像のクリックで拡大表示]
年齢認証などは他の事業者に準じる。LINE上でのIDサーチも利用できる
[画像のクリックで拡大表示]

(文/湯浅英夫=IT・家電ジャーナリスト)