今度のClovaは画面付き

 「Clova WAVE」「Clova Friends」などのスマートスピーカーをリリースしているLINEが、ディスプレー付きの「Clova Desk」を2019年3月19日に発売する。公式サイトでの価格は税込み2万7540円。

「Clova Desk」はホワイトとブラックの2色展開
[画像のクリックで拡大表示]

 Clova Deskは、AI(人工知能)アシスタント「Clova」を搭載したスマートディスプレー。タッチ操作対応の7型スクリーンを利用して、LINEアプリを介したビデオ通話や動画視聴ができる点が従来のClovaデバイスとの大きな違いとなっている。

ディスプレーを搭載したことにより、スマートフォンのLINEアプリでビデオ通話が可能になった
[画像のクリックで拡大表示]
「AbemaTV」アプリによる動画再生は2019年3月中に対応予定とのこと
[画像のクリックで拡大表示]

 またClova Deskは、赤外線リモコン機能を内蔵しており、赤外線リモコンで操作するテレビや照明、エアコンなどを操作することが可能。もちろん、LINEが提供するホームIoTサービス「Clova Home」に対応した製品なら、インターネット経由で操作することもできる。バッテリー内蔵でホームモバイルが可能な点は、Clovaデバイスに共通する特徴だ。

Clova Deskのホーム画面。日付や時刻、天気を目で確認できる。天気の情報は天候や時刻を反映して変化するとのことだ
[画像のクリックで拡大表示]
Clova Deskの背面。赤外線を送信するポートは送受信機を1基、送信機を2基搭載
[画像のクリックで拡大表示]

 新モデルでは音声認識機能も改善されており、騒音環境下での呼び出し性能は最大で20%向上、音声による指示に反応するまでの時間も20%短縮されているとのこと。主な仕様は以下の通りだ。

[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/堀井塚高)