最新の機能を体験できる! セミナーも充実!!

 パシフィコ横浜で開催中(3月3日まで)のカメラと写真映像のワールドプレミアショー「シーピープラス2019(CP+)」。注目の新製品を試せるとあって今年も大勢のカメラ好きが来場していた。公式サイトでの発表では、初日に当たる2019年2月28日の登録来場者数は1万3055人とのことだ。

会場では「ワールドプレミアアワード」を開催中。ノミネート製品をチェックすれば、2019年のトレンドが分かる
[画像のクリックで拡大表示]

 今年のカメラのトレンドと言えば、やはりフルサイズミラーレス一眼。ソニーブースでは、αシリーズ、RXシリーズおよび各種レンズのタッチ&トライができる。メインの撮影体験コーナーでは、大口径標準ズームレンズ「SEL2470GM」を装着した「α7 III」での撮影が可能だ。また、スペシャルセミナーではプロの写真家たちによる講演も。

ソニーの撮影体験コーナーは春をイメージさせるセットに数人のモデルを配置。リアルタイム瞳AF、リアルタイムトラッキングを試せる
[画像のクリックで拡大表示]

 ニコンの「Z 6」と「Z 7」はメインの撮影体験コーナーに加えて専用の体験テーブルも用意されていた。撮影体験コーナーには、開発中のファームウエアで付加される予定の「瞳AF」を搭載した両モデルを体験できる。またブースの奥には階段があり、中二階程度の高さから超望遠レンズの撮影が試せる。

ニコンの撮影体験コーナーは喫茶店のイメージ。モデルを撮影すれば「瞳AF」の実力が分かる
[画像のクリックで拡大表示]
ブースの奥は超望遠撮影体験コーナー。高いところから会場を見渡せる
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックのフルサイズミラーレス一眼「LUMIX S1/S1R」は、S1/S1RスタジオおよびSシリーズインフォメーションカウンターで実機に触れる。ただどちらも人気が高いようで、2月28日午後のS1待機列は25分待ち、インフォメーションカウンターは30分待ちとなっていた。

パナソニックブース。S1待機列の待ち時間は25分となっていた。土日はさらに混雑すると思われる
[画像のクリックで拡大表示]

 キヤノンのブースは、EOS Rシステム撮影体験コーナーがメイン。ここでは「EOS R」および「EOS RP」を使った撮影が体験できる。こちらも2月28日午後の段階で20分待ちとなっていたので、土日はさらに混雑しそうだ。5000台限定のゴールドモデルも展示されていたので、この機会にぜひチェックしておくといいだろう。

EOS Rシステム撮影体験コーナーの待ち時間は20分となっていた
[画像のクリックで拡大表示]
キヤノンの一押しはEOS RP。ゴールドモデルの実機も見られる
[画像のクリックで拡大表示]

 富士フイルムの注目は、フォトキナ2018で発表された「GFX 100メガピクセル」だ。フルサイズミラーレス市場には参入しないと表明している同社だが、GFX 100の画素数はなんと1億200万画素。ケースに入っているので触れることはできないが、実物は見ておきたい。もちろん、同社のGFX/Xシリーズ、G/Xマウントレンズを体験できるタッチ&トライコーナーもある。

ケースに入ったGFX 100メガピクセル。2019年第1四半期の発売予定となっており、価格は約1万ドル(111万6600円)
[画像のクリックで拡大表示]
GFXシリーズとGマウントレンズの展示
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/堀井塚高)