2005年の発売以来、350ml缶換算で累計200億本を販売し、14年連続で売り上げナンバーワン(注)となった「キリン のどごし<生>」。マルチタレントの“こじるり”こと小島瑠璃子さんを起用した新CM「工場で日本一! 小島瑠璃子」篇の放送が19年2月12日から始まった。

(注)売上日本一は、2005年「その他の雑酒(2)」、06~18年「その他の醸造酒(発泡性)(1)」課税出荷数量による

 この日は「キリン のどごし<生>売上日本一発表会」も都内で開催され、同社マーケティング本部ブランドマネージャーの山岸納氏による挨拶に続いて小島さんも登壇。書道の心得があるとのことで、用意されたバックパネルに大筆と朱墨で「日本一!」と書き込むパフォーマンスを披露した。

「日本一!」と書き終えた小島さんは「勢い良すぎましたかね?」と言いつつもやり切った表情
[画像のクリックで拡大表示]

 筆入れを終えた後は、来場した取材陣と一緒にのどごし<生>で乾杯。小島さんは「お仕事中だと思いますが、ぜひ。カメラマンの皆さん、一口ゴクッとやってから撮っていただけるようにポーズを長めにしますので、よかったら」と気遣いを見せた。

 のどごし<生>のCMキャラクターに選ばれたことについての感想は「のどごし<生>は家族でも飲んでいたので、本当に光栄なことだなと思いました。元気なイメージにぴったりと言っていただけることもすごくうれしいです。のどごし<生>に負けないように私も何か日本一を狙っていきたいなと思っております」とのこと。

 新CMの撮影に話を振られると「工場見学気分で楽しかったです。ずっとキョロキョロしてました。酵母の香りがする工場でのどごし<生>を飲めるのは本当にぜいたくなことだなあと思いましたね。CMの中での『あーっ』は普段からやります。そのまんまのリアクションです(笑)」と答えていた。

CMで見せた「あーっ」の表情がこちら。キリンビールのYouTube、キリン のどごし <生> 「工場で日本一! 小島瑠璃子」篇 15秒より
[画像のクリックで拡大表示]

 また、14日のバレンタインデーにのどごし<生>をプレゼントして一緒に飲む人がいるとしたらどんな人? と聞かれると「プレゼントするなら父がいいです。のどごし<生>が大好きなので、贈って一緒に飲むのがいちばん喜ぶと思います」。身近な人たちに(のどごし<生>を)贈って元気になってもらって……それが広がって日本が元気になったらいいですねと言う小島さん自身、CMへの起用が決まったときには「親戚に箱で贈ったらすごく喜ばれました」とのことだ。

 発表会の最後には、これから目指したい日本一をフリップに記入して披露。「道に詳しい女性」と書かれていたときは会場全体が「???」という空気になったが、「覚えていると生活にすごく役立つんですよ。最低でも明治通りと青山通りにある交差点の名前は全部覚えたいです」という彼女の説明を聞いて納得。

フリップに書いたのはまさかの「道に詳しい女性」だった
[画像のクリックで拡大表示]

 司会に「14年連続売り上げ日本一ののどごし<生>と、健康美、知的さ、さらにマニアックさを持つ小島さんは“最強タッグ”と言っても過言ではありませんね」と絶賛されると「それは過言です」と答えてと笑いを取った。

(文/堀井塚高)