福岡ゲーム産業振興機構(GFF、九州大学、福岡市)は2019年3月9日、九州地方を中心にゲームクリエイターを目指す学生などを対象としたコンテスト「GFF AWARD 2019」の最終審査会・発表授賞式を、福岡市科学館(福岡市中央区)で開催する。

 今年で12回目を数える同AWARDは、全国から集まった1044作品の中から、ゲームソフト部門、ゲームグラフィック・アート部門、ゲーム企画部門ごとに優秀賞を選定。ゲームソフト部門優秀作品の当日プレゼンテーションを経て、GFF AWARD 2019大賞が選ばれる。2018年はアミューズメントメディア学院(東京都渋谷区)のVRゲーム作品が大賞を獲得した。

 当日は、有名ゲームクリエイターによる特別講演が行われるが、今年の登壇者は現時点では未定(2018年はコーエーテクモゲームスのシブサワ・コウ氏とレベルファイブの日野晃博氏が登壇した)。観覧希望者(無料・事前登録制先着順)は、福岡ゲーム産業機構の公式サイトから申し込める。

[画像のクリックで拡大表示]

(文/渡辺一正)