二子玉川ライズ・ショッピングセンターが、開業以来最大規模となるリニューアルを実施。東急電鉄・二子玉川駅に近い二子玉川ライズ S.C. タウンフロントで、13店舗が新規オープンし、3店舗がリニューアルオープンする。どんな魅力が加わったのか、早速訪れてみた。

二子玉川ライズ S.C. タウンフロント。エントランスでは新店舗の掲示も。
[画像のクリックで拡大表示]

モニター上で自分に似合うリップを探せる

 二子玉川ライズ S.C. タウンフロント1階のエントランスを入ると、すぐに目に入るのが新店舗の「フルーツギャザリング」。主に百貨店で売られているラグジュアリーコスメやハイブランドコスメなどを、ブランドの垣根を越えて比較・検討できるビューティーセレクトショップだ。

「フルーツギャザリング 二子玉川ライズ店」では32ブランドがそろう。
[画像のクリックで拡大表示]

 首都圏や関西地区などに店舗を展開する「フルーツギャザリング」にとっては20店舗目となる二子玉川ライズ店。30〜40代の女性が多い地域特性に合わせて、同店では初めてとなる「スキンケアカウンセリングエリア」を設置した。常駐する専門コンサルタントがスキンチェッカーで肌状態を分析。ケアポイントをアドバイスする。ブランドの枠を超えて最適なアイテムを紹介するのが特徴だ。

 また150種類以上のリップが並ぶ「リップスタンド」も初登場。バーチャルメイクアプリ「YouCamメイク」とのコラボにより、モニター上で自分に似合うリップを選び、そのリップを実際に試すこともできる。

エスカレーター近くに設置されている「リップスタンド」。気軽に立ち寄ってリップを試す人が増えそうだ。
[画像のクリックで拡大表示]
タブレットを操作するように指先でリップを選ぶと、モニターに映る自分の唇に瞬時に反映される。その後、実際にリップを試せる。綿棒やコットンも備わる。
[画像のクリックで拡大表示]
周囲の視線を気にせず、じっくりと商品を体感できる個室「スキンケアキャビン」も初めて設置。こちらの利用は基本的に予約制だ。
[画像のクリックで拡大表示]