世田谷の閑静な住宅街を貫く、東急世田谷線。毎年12月と1月に開催される“世田谷ボロ市”の最寄り駅としても知られる上町駅の目の前に、「世田谷百貨店」は2018年9月にオープン。

[画像のクリックで拡大表示]

世田谷百貨店は、カフェであり、イベント会場であり、こだわりの食材があり、普段使いできる食器などのアイテムがあり、常に変化があり、常に発見があり、寄ってみたくなる、そんなお店を目指しているという。チーフプロデューサーの田村慶さんにお話を伺った。

[画像のクリックで拡大表示]

「自宅で使っていたり、(趣味の)キャンプに持っていったりしていた“これは”という食器や調味料、食材などを取り揃えようと思ったのが最初です。こんなに良いものなんだから、皆に知ってもらいたいなと」

[画像のクリックで拡大表示]

「以前IT企業を経営していたんですが、あらゆることが効率化、機械化されていっても、結局は実際にお会いすることが一番“結果”に結びついていたんです。リアルな体験に勝るものはない中で、世田谷という地元と日常を繋ぐ“ハブ”になれたら、そしてお店を通じて学びがあったり、コミュニティが出来たりと“きっかけ”を提供する場を作りたいと考えました」

世田谷百貨店の店長を務める奥様の絵美香さんと、チーフプロデューサーの田村慶さん
[画像のクリックで拡大表示]

奥様で店長の田村絵美香さんにもお話を伺った。
「ママ友同士の口コミで知ったものが手に取れる、試すことができる、そんなお店です。実際に家で使っていたものや美味しかったものを、製造元に問い合わせてお店で扱わせてもらえるようになったものもあります」

地元世田谷のママ友たちの居場所でもあり、随時開催されるイベントでは新たな気付きも与えてくれる。取材当日は、割れたり欠けたりした焼き物やガラス器を、漆と金粉などを使い修復する伝統技術「金継ぎ」のワークショップが開催されていた。

Eテレの「デザインあ」にも出演されたという、講師を務めた“モノ継ぎ”持永かおりさん
[画像のクリックで拡大表示]