新米の味覚の個性を消費者目線で評価し、今、一番食べてほしい米を決める「米のヒット甲子園」(主催:日経トレンディ、特別協賛:象印マホービン)。その新米味覚審査会が、2018年11月21日に東京都千代田区のパレスホテル東京で行われた。全国のお米マイスターの推薦数が多かった9品種の審査が行われ、2018年の大賞米には、米どころ新潟県・長岡産の「新之助」が選ばれた。7人の審査委員による審査会の模様をお届けする。

審査会には64品種の中から厳選された9品種が出品

 今回で第5回を数える「米のヒット甲子園」の新米味覚審査会。この審査会は、単に米の味覚ランキングを決めるのではなく、それぞれの米の持つ個性を、消費者にできるだけ分かりやすく説明するのが目的だ。

審査会は、食の分野で活躍する7人の審査委員によって行われた
[画像のクリックで拡大表示]

 審査米の選出は、全国の五つ星お米マイスターにアンケートを送付して最大3品種を推薦してもらい、推薦数の多かった上位9品種を最終審査米とした。今回、67人のマイスターから推薦されたのは64品種。その中から最終審査米に選出されたのは以下の9品種だ。

[画像のクリックで拡大表示]

 この中で、前回の審査会から引き続きエントリーしたのは「銀河のしずく」「つや姫」「新之助」の3品種。2018年は振り返れば、天候不順の影響で全国的に凶作の年。そのため、アンケートを実施した時点ではまだ流通のなかった品種も多い。前回もエントリーした北海道の「ゆめぴりか」や岐阜県の「銀の朏(みかづき)」など、本来なら最終審査に残ってもおかしくない品種が見られないのは、そうした事情も関係しているのだろう。そのような状況で今回の審査会に選出された上記の米は、いずれも悪天候に負けなかったつわものぞろいと言っていいかもしれない。