米を中心にしたおかずの絶妙な連係プレー

 そんな数ある料理の中で、特に里井氏、渡辺氏の両名を「なんだろう、このおいしさ……」と魅了したのが、とろろ。

 「とろろは粘りが強すぎると、ごはんの粒が生かされなくなってしまうと思うんです。でもおだしで伸ばしているので、適度に軽く、むしろ泡状でとってもふわふわ。ごはんの粒感がよく感じられて、お米を殺さない工夫はさすが」(里井氏)

ふわとろの絶品とろろはクセになる味わい
[画像のクリックで拡大表示]

 食材やおかずとしては、ごく当たり前のメニューであるとろろだけで、これほどまでに食通を感激させてしまうところが、「えん」の「えん」たるゆえんなのだろう。

 「ごはんがすすむ」のメニュー名どおり、里井氏、渡辺氏ともに、おかずを少量ずつ口に運んでは「おいしい」を連発しながら、お櫃を空にしていく。試食会が行われたのは大賞米の決定前だったため、両名ともに「ぜひ大賞米と一緒に食べてみたい」と口をそろえる。

 そんなお2人にとって特に印象に残ったのは、「選べるおかず」の“連係の良さ”だ。

 「『えん』ならではのおかずは、すべておだしがきいていて味わい深く、どれもごはんが進む味になっています。どれを食べても休むことなく、“リレー”できる内容になっているというか、箸休めがない感じ。でも、どのおかずも全然くどくないので、とにかく楽しみながら一気にいただけるはず。ごはんをお代わりする人が増えそうですね」(里井氏)

おいしいごはんとおかずを前に会話が弾み、頬は緩みっぱなし
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、「優秀なサッカーチームのよう」と表現するのが渡辺氏。「ゴールキーパーの米を中心に、ポジション取りがしっかりできている。空きスペースにそれぞれのおかずがきちんと走り込んで、非常に上手な“パス回し”を行っている。そんな“選手”たちを、だしや麹のうまみが支えているといったところでしょうか。メインの魚と肉は、どちらにするか絶対迷うと思いますので、今回はお肉、次回はお魚というように、両方味わっていただきたいですね」。

 大賞米の「新之助」、そこにだしをきかせたおかずといった特別コラボレーショランチが、税込み1280円というお値打ち価格でいただける。試食をした2人が絶賛した「ごはんがすすむ 選べるおかず御膳」の提供期間は、12月7日から2019年1月6日まで。1日20食限定なので、「大賞米のうまさを実感したい!」という方はお早めに。

メニュー考案者のビー・ワイ・オー営業本部飲食事業部調理部長の中野圭崇氏
[画像のクリックで拡大表示]
腕を振るってくれるのは「えん 自由が丘店」料理長の大和良平氏
[画像のクリックで拡大表示]

(取材・文/エイジャ、写真/稲垣純也)