審査を終えて表情が和らぐ審査委員のみなさん。写真左から小崎陽一氏(イタリア料理研究家)、小谷あゆみ氏(フリーアナウンサー)、山下真司氏(俳優)、里井真由美氏(フードジャーナリスト)、審査委員長の川崎恭雄氏(いづよね代表取締役)、フォーリンデブはっしー氏(グルメエンターテイナー)、渡辺和博(日経BP総研 マーケティング戦略研究所上席研究員)

記事へ戻る(ページを閉じる)

11月21日、今、一番食べてほしいおいしい米を決める「米のヒット甲子園2018」の味覚審査会が開催された。厳選64品種の中からノミネートされた9銘柄を審査。その結果、大賞に輝いたのは新潟県・長岡産の「新之助」だった。

関連画像