2018年11月21日、東京都千代田区のパレスホテル東京で、今、一番食べてほしい米を決める「米のヒット甲子園2018」(主催:日経トレンディ、特別協賛:象印マホービン)の新米味覚審査会が開催された。その結果、大賞米に新潟県・長岡産の「新之助」が輝いた。同米は2年連続で最終審査米(下表参照)に選ばれており、昨年の“雪辱”を果たした格好だ。

[画像のクリックで拡大表示]

 審査対象となる米は全国の五つ星お米マイスター推薦のブランド米。第5回をむかえる今年は、67人の五つ星お米マイスターが推薦した64品種のなかから、上位の得票数を獲得した9銘柄が最終審査米として選出された。味覚審査会ではノミネートされた9銘柄を同じ手順で炊飯し、7人の審査委員が基準米として用いられた新潟県・魚沼産「コシヒカリ」をベースに、「硬い/柔らかい」「(甘み)強い/弱い」の2軸で評価した。

7人の審査員がノミネートされた9銘柄の米を詳細にチェックする
[画像のクリックで拡大表示]

 「新之助」は、豊かな甘みやふっくらとしたつぶの大きさ、全体的なバランスの良さなどに加え、2020年の東京五輪に向けてさらに国際化が進む現在の日本において、「日本のお米って“こんな感じ”です」(審査委員長を務めたいづよね代表取締役の川崎恭雄氏)と海外の人にも自信を持って薦められる点などが評価された。

今年は基準米に対して「硬い/柔らかい」「(甘み)強い/弱い」の2軸で評価
[画像のクリックで拡大表示]
味覚に自信のあるプロであっても、名だたるブランド米を評価するのは難しい……
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、今年も実際に大賞米を楽しめる機会が用意される。東京・自由が丘の創作和食「えん 自由が丘店」(東京都目黒区自由が丘1-10-4)では、受賞した「新之助」を使った特別ランチメニュー「ごはんがすすむ 選べるおかず御膳」(税込み1280円)を、12月7日から2019年1月6日までの期間限定で提供する。ご飯と完璧にマッチしたおかずの味の良さはもちろんのこと、充実したメニュー構成でコストパフォーマンスも高い。1日20食限定なので、ご飯好きの方はぜひ味わっていただきたい。

審査を終えて表情が和らぐ審査委員のみなさん。写真左から小崎陽一氏(イタリア料理研究家)、小谷あゆみ氏(フリーアナウンサー)、山下真司氏(俳優)、里井真由美氏(フードジャーナリスト)、審査委員長の川崎恭雄氏(いづよね代表取締役)、フォーリンデブはっしー氏(グルメエンターテイナー)、渡辺和博(日経BP総研 マーケティング戦略研究所上席研究員)
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/酒井康治=日経トレンディネット)