9月20~23日まで「東京ゲームショウ2018」が開催されます。これに合わせて、日経トレンディネットでは、「水沢柚乃の『露出狂ゲーマーではありません!』という短期連載を開始。グラビアアイドルの水沢柚乃さんをゲストリポーターにお招きし、ゲームショウの会場から各ゲームメーカーのブースの様子や最新ゲームの体験リポート発信します。

 ネットではグラビアアイドルとしてよりもゲーマーとして先に認識され、「露出狂ゲーマー」というあだ名をつけられてしまった経験がある水沢さん。FPS(First Person shooter)もRPGも音ゲーも、どんなゲームもプレーするという彼女が最新ゲームにどんな反応を示すのか?更新は9月21日から。お楽しみに!

※記事は東京ゲームショウ2018の開催期間中にこのページに随時追加されます。WEBブラウザのブックマークやスマホのホーム画面などにご登録いただくと便利です。スマホのホーム画面にお気に入りの連載を登録する方法はこちら。

水沢 柚乃(みずさわ・ゆの)
水沢 柚乃(みずさわ・ゆの) グラビアアイドル。現在の所属事務所を選んだ理由が「ゲーム関連の仕事が多いと聞いていたから」というほどのゲーマーだ。自宅には自作のゲーミングパソコンを完備。20歳ながら、そのゲーム遍歴は長い。幼稚園のころに父親とゲームを遊ぶ日々からゲーマー人生を開始し、中学で早くも「ネトゲ廃人」を自認。見かねた母親にゲームを没収され、その反動で高校時代は昼食代を全額ゲームセンター(ゲーセン)に投入したという過去も。