9月20~23日に千葉・幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2018」で、日経トレンディネット特報サイトのゲストリポーターを務めるゴールデンボンバーの歌広場淳さん。当日は、出展ブースや話題のゲーム、eスポーツ大会の情報などをリポートする。

 ゲームショウに先駆けて、歌広場さんのゲーム遍歴やゲームとの付き合い方などを全3回で聞く記事もこれで最終回。歌広場さんがゲームセンターで学んだコミュニケーション術はゴールデンボンバーとしての活動に通じるという。さらにはデートにも応用できるという話も。今後のeスポーツにおける活動などについても語ってもらった。

・1回目の記事は金爆・歌広場淳「人生の大事なことはゲームセンターで学んだ」(1) ・2回目の記事は金爆・歌広場淳「格闘ゲームは相手を深く知れるから楽しい」(2)

歌広場淳(うたひろば・じゅん):ビジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」のベース担当。代表曲「女々しくて」ではNHK紅白歌合戦に4年連続出場、カラオケランキング歴代1位となる51週連続1位を獲得。9月1日にドラムの樽美酒研二が作詞作曲歌唱を行った「タツオ…嫁を俺にくれ」を発売した。大のゲーム好きであり、全国ツアー中は各地へアーケードコントローラーを持ち回り、会場や宿泊ホテルでゲームを行う
[画像のクリックで拡大表示]

ゲームを極めるのは言語習得と同じ

――前回の最後にご自身もプレーヤーとしてeスポーツの大会に出場されていることを聞きました。今は、スマートフォン向けゲームなどで誰もがゲームを気軽に楽しめるようになりゲームの裾野が広がる一方で、eスポーツの波が来て、ゲームへの接し方が二極化してきている感じがありますね。

歌広場: そうですね。「ゲームって下手じゃダメなの?」という質問をされたときに、裾野を広げようと考えたら「下手でもぜんぜん構わないよ、一緒にやろうよ」と答えるのが理想だし、そう答えています。その一方で、eスポーツが話題になり始めたあたりから「うまいほうがいいよ」という気持ちも強くなってきました。

 ゲームでも何でも本気で極めようとするのは、ある意味、別の言語を習得するのと同じだと思っています。日本語しか話せなければ日本人としかコミュニケーションが取れませんが、英語、中国語、フランス語、あるいはもっと希少な言語を習得すれば、稀少な文化を直接体験できますよね。その域に到達するかどうかっていうことですね。

 「日本で生活するなら日本語さえ話せれば困らないよね」という人と、「日本で生活しているけど英語を学べば世界が広がりそう」と考えている人の違いというか。日本でただ生活するだけなら他国の言語は不要でも覚えようとする人がいる。その姿勢はとても尊敬すべきことだと思います。

――かつてはみんな同じようにゲームで遊んでいたのに、その遊びを見る側と見せる側に分かれ始めたのもeスポーツが登場してこそです。

歌広場: 今は過渡期なんだと思います。だから僕は楽しくて仕方ない。今のeスポーツに起こっているあれこれは、きっと他のスポーツが新しいものとして世の中に受け入れられ始めたときに経験してきたことと同じなんでしょう。

 今はゲームを知らない人たちも「eスポーツって何?」と話題にするところまできました。急速に「eスポーツ」という言葉の認知度は上がっている。一方で、“スポーツ”と言われたときに体を動かすことをイメージしてしまう人も多いから、事態がややこしくなっている感はありますね。

 海外では陸上競技や球技のようなフィジカルなスポーツ以外に、チェスや囲碁、オセロなどの頭脳やメンタルに寄せたテーブルゲームも一つのスポーツと捉えます。日本でもeスポーツがそうしたテーブルゲームと同類のものと受け入れられるかどうかという“だけ”の話でしょうね。