9月20~23日、千葉・幕張メッセで「東京ゲームショウ2018」が開催される。日経トレンディネットでは今年も特報サイトを開設。開催期間中は会場から出展ブースや話題のゲーム、eスポーツ大会の情報などを即時レポートする。

 今年は特報サイトのゲストリポーターとして、ゴールデンボンバーの歌広場淳さんを招請。格闘ゲーム好きとして知られ、EVOなどのeスポーツの大会などにも参戦している。昨年はプライベートで東京ゲームショウに来場したという筋金入りのゲーム好きだ。担当編集はそのことを歌広場さんのTwitterで知り、「プライベートでいらっしゃるくらいなら、トレンディネットで取材に行きませんか」とゲストリポーターを依頼した。ゲームショウ当日は、ゲームファン代表としてゲームショウの楽しさを伝えていただく予定だ。

 まずはその前に、歌広場さんに自身のゲーム遍歴やゲームとの付き合い方などについてインタビュー。その模様を全3回にわたってお送りする。今回はその第1回目。

歌広場淳(うたひろば・じゅん):ヴィジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」のベース担当。代表曲「女々しくて」ではNHK紅白歌合戦に4年連続出場、カラオケランキング歴代1位となる51週連続1位を獲得。9月1日にドラムの樽美酒研二が作詞作曲歌唱を行った「タツオ⋯嫁を俺にくれ」を発売した。大のゲーム好きであり、全国ツアー中は各地へアーケードコントローラーを持ち回り、会場や宿泊ホテルでゲームを行う
[画像のクリックで拡大表示]