東京ゲームショウのコーエーテクモブースや、同社が運営する「DEAD OR ALIVE FESTIVAL」などのイベントではもはや恒例となっているのがコスプレイベントだ。例年はコンテスト方式となっているが、東京ゲームショウ2018ではファッションショーのようなランウェイ方式となった。コスプレイヤーの衣装を解説するのはコーエーテクモゲームスの鯉沼久史社長。ゲストにはコスプレ情報誌「コスプレイモード」のアドバイザーを務めるジャッキー道斎氏を迎えた。

コーエーテクモゲームスの鯉沼久史社長
[画像のクリックで拡大表示]
「コスプレイモード」アドバイザーのジャッキー道斎氏
[画像のクリックで拡大表示]