本連載は、「この人の『勘』や『感』の見方を知りたい!」と思った方にお会いし、仕事に「勘」や「感」は必要なのか、どのように磨けばいいのかについて、成功談も失敗談も含めて聞いていくものです。それも、難しい書き言葉ではなく、分かりやすい話し言葉で。読者の皆さんにとって、未来に向けたヒントになれば幸いです。

 今回もRIZAP(ライザップ)グループの社長を務める瀬戸健さんにご登場いただきました。前回の記事「ライザップ瀬戸社長『私はまったくのダメ人間』」では「勘」や「感」とは「過去の自分の体験というデータベース」から導き出される「最適な手段」であること。経営トップとして「ナメられる対象になること」が大事といったお話を伺いました。

 今回は「勘」や「感」の磨き方、自分の能力の伸ばし方、RIZAPグループが目指すものなどについて聞いてみました。

RIZAPグループの瀬戸 健(せと たけし)社長(左)は1978年、福岡県北九州市生まれ。2003年4月に健康食品の通信販売を目的として、健康コーポレーション(現RIZAPグループ)を設立。「豆乳クッキーダイエット」「どろあわわ」などをヒットさせ、2012年にはパーソナルトレーニングジム「RIZAP(ライザップ)」を開業。“自己投資産業グローバルNo.1”を目指すために積極的なM&Aも行い、2017年3月期のグループ連結売上高は952億円を達成
[画像のクリックで拡大表示]

能力よりも「ゴール設定」が成否を分ける

川島: はたから見ていると、RIZAPは大成功している企業に映っています。ここまでに至った理由はどこにあると思いますか?

瀬戸: 私は正直まだまだと思っていますが、一貫して大事にしてきたのは「能力よりもゴール設定」です。つまり、ゴールを設定しないと物事は動かないということです。たとえば、東京駅に行こうと思っていない人は東京駅に行けるはずがない。でも、ひとたび「東京駅に〇時に着こう」というゴールを設定すれば、何時ごろに身支度を始め、何時の電車に乗ってというように手順が見えてくる。ゴール設定から、そういったアクションが導き出されるわけです。

川島: なるほど、ゴール設定が大事なことは分かりました。でもゴールは、どうやって決めればいいのでしょうか?

瀬戸: ゴールもないのに歩いているのは、まったく意味がないこと(笑)。だからRIZAPグループでは、ゴール設定を社員みんなにやってもらっているのです。そのとき、お客様にワクワクしてもらえるゴールをいかにビジュアライズするか。それがポイントになってきます。

川島: ビジュアライズってどういうことですか?

瀬戸: 手段はゴールから導かれます。そしてそのゴールを元にプロセスを考え、実行に移していきます。これはまた、「リーダーシップ」と言い換えることもできます。最終地点に向けて導いていくための、ゴールをビジュアライズするということです。