クライアント・サーバー方式を採用した、出退庁を管理するシステムです。操作をなるべく簡略化したのが特徴で、出退庁の際、受付などに備えたタブレット端末のタッチパネルで議員名、役職名ボタンにタッチするだけで、出退庁の時間を管理できます(図1、図2)。

図1 議員の名前をタッチして入力
[画像のクリックで拡大表示]
図2 役職名のボタンをタッチして入力
[画像のクリックで拡大表示]

 サーバー機にラズパイ3を1台使い、クライアント端末にもラズパイ3を必要な台数だけ使います。これとは別に出退庁の操作用に2台のタブレット端末(議員用、職員用)を使います。サーバー機では改選時や部署名の変更の際などに、メニュー操作で議員名や役職名を編集できます。

 ある地方自治体に機械式の出退庁表示システムがあり、老朽化したが高価な機械で交換ができない、という問題を解決しました。正確な時間で管理できるように、リアルタイムクロックモジュールの「RS3231」を搭載しています。

【PR】ラズパイ&周辺機器がお得に買える!

専門誌「ラズパイマガジン」がセレクト

 Raspberry Pi(ラズパイ)の最新機種Pi 3 B+、600円からのPi Zero、カメラ、ディスプレイ、オリジナルの拡張基板など、ラズパイ関連製品がお得に買える「Raspberry Pi販売サイト」です。日本で唯一のラズパイ専門誌「ラズパイマガジン」(2014年7月創刊)が運営しています。

 ラズパイマガジンが選んだ入門者向け部品セットも用意しています。ブレッドボードやジャンパー線も入っていて、各種部品の使い方はラズパイマガジンで解説しています。

 商品の一覧は<<こちら!>>