当記事はnikkei BPnetに連載していたものを再編集して掲載しました。初出は2013年4月4日です。記事の内容は執筆時点の情報に基づいています。

スターの名前が出てこない

 有名スターの、顔も、演じた役柄も、代表作のストーリーもほぼすべて思い出せるし、共演する脇役の名前さえすらすら言えるのに、肝心の「スターの名前が出てこない!」そういうことがしばしばある。

 「歳のせいで、ぼけが入ってさあ」

 若い仕事仲間に愚痴をこぼしたら、「僕だって結構ありますよ、クイズQさまの教科書問題なんか、知っているはずのこと、むちゃくちゃ忘れてますから」

 私を慰めているつもりだろうが、慰めになっていない気がする。受験勉強のため付け焼き刃で覚えたことなど忘れて当たり前だからだ。覚えているほうが「スゴい」から、番組になるのだ。

 私の「物忘れ」も年季が入り、最近では人に何か話しをしていて「あ、まもなく話すべき話題の人物名が言えないかもしれない!」という予感が働くまでになった。

 そういうときはさりげなく話題をすーっと、他に移す。こんなスーパーテクニックが身に付いてきた。そこまで知恵が回るなら、なんで誰もが知っていて当たり前の、有名人の名前が出ないのだろう……。

 そんな私に勇気を与えてくれる番組がある。専門チャンネルのモンドテレビ(東京ではMXテレビでも)で放映している「みうらじゅん&山田五郎の親爺同士」だ。「熟女とオバさんの境目は?」とかいう、どうでもいい話題で大いに盛り上がる。この上なく愉快で楽しい番組だ。オヤジ二人の「緩いやり取り」が実に素晴らしい。

あれ、なんだったっけ?(写真:metamorworks / PIXTA)
[画像のクリックで拡大表示]